【ゲーム】ナルト激闘忍者大戦3 感想


Wiiの稼働率を上げようと、ゲームキューブの中古ソフトを買い漁る昨今、
以前より一度プレイしてみたかったGC版ナルトをワンコイン500円で救済。
ミッションとシングルを打開したのでその感想をば

このゲームは名前のとおり人気アニメ・漫画のNARUTOを題材としたもので、
制作会社は比較的良質なキャラゲーを連発しているエイティング。
個人的には同社の制作したゾイドストラグル・フルメタルクラッシュは
歴代ゾイドゲーの中では神クラス。
またブラッディロアに見る尖った対戦格闘ゲーム制作に定評があり、
過去にバトルガレッガや蒼弓紅蓮隊などの良質シューティングを制作したライジングを
吸収合併した事などからも今後注目される制作会社である。

めずらしく紹介文が長くなったが、
このナルト激忍3自体はかなり手軽かつ爽快感のある対戦格闘だと思う。
どうしてもPS2版のナルティメットシリーズと比較せざるを得ないが、
向こうはどちらかと言えば対戦アクション、こちらも4人対戦のバトルロイヤルとなると
トンデモアクションっぽくはなるが、体裁的には対戦格闘の域だと思う。

ゲーム自体は、手軽にコンボが組めて忍者を題材としてるナルトらしく
変わり身の術や遠距離からのクナイ投げなど、遊び易さとそれらしさを
上手く兼ね揃えています。
操作方法は若干独特で、慣れるまでやや時間を要しますが、
ミッションモードで順を追って手解きしてくれるので自ずと慣れます。
そのあたりのなにげないチュートリアル要素はさすがだと思う。

ナルティメットと比べて最大の美点は、ローディングがまったく無いこと。
このあたりは当時非常に高かったゲームキューブのスペックによるところですが、
戦闘中の大技による切り替えがナルティより遥かにスピーディーなところに
激忍の対戦ゲームとしての魅力を感じます。 個人的にはナルティの技デモはうざったい。

欠点は、キャラやミッションを増やすのにゲーム内でのポイントを
消費しなくてはならないので、コンプをめざすとなるとやたらに長い作業になる点。
せめてキャラぐらいはシングル打開で順次増やして欲しかったかな。
逆を言えばそれぐらいしか不満は無いです。


総合的にゲームキューブかWii持ってる方にはオススメ、
本体ごと買えとまでは言わない。 
Wii版は次次回作あたりでキャラ出揃ってから買おうと思ってる自分のような
待ちユーザーには中古がかなり安価なのでイチオシ。

とりあえず暁全員参戦と技が出揃うまで待ちだよなあ~新作は。
[PR]
by souka_t | 2007-05-21 12:55 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< この蒼き大地に生きる  第一回 てりマヨビーフ・ガツンとガーリック >>