【ゲーム】カスタムビートバトル・ドラグレイド クリア感想


オーディンスフィアと応援団2に注目が集まる一方、
ガンガンCMが流れてる割に知名度があやしいドラグレイド。
発売翌日にガチレビューとかウチぐらいで、GNWにまた載っちゃうんじゃないか
とか思いつつも早速火の主人公をクリアしたので その感想をば。


ストーリークリアに要した時間はだいたい2~3時間程度、かなり短めでした。
難易度的にもサクサク進めるようになっているので、ストレス無く遊べます。
ドット芸など見るべき箇所もいろいろありますが、ストーリーは対戦に備えるべく
チュートリアルと割り切る内容です。

バトル部分はSFC時代の対戦アクションを髣髴とさせる造りです。
ガードに対して削りか投げしか対処が無い(のかな?)ところからすると、
格闘というよりアクションゲーム寄りな感覚です。
それでもプレーヤーが事前に工夫すべく事が多く、パレットやビートコンボなどの
要素はやり込めばそれなりに奥深いものではと思わせます。

はじめは、ビートコンボは必殺技的なものと思っていましたが、
1度のバトルで何度も繰り出すような格闘ゲームのコマンド技的な頻度で使われるので、
いささか扱いが軽めに感じました。
ゲーム自体に慣れてきて、パレットも併用するようになると、コストの兼ね合いで
ビートコンボとパレットのどちらを率先して使うかの選択に迫られ、
これはこれで結構考えられて作られてるなと思いました。
高コストのパレットの破壊力に気づくと俄然面白くなってきます。

Wi-Fiのフリー対戦も何度か挑戦してみました。
さすがに相性の問題があってか、たまにラグが酷い時もありましたが、
相手と相性が良ければストーリーモードと同等のスピード感覚で遊べます。
対人戦ではCOM戦とはまったく違った駆け引きが展開されるので、
やはりこちらが本命のようです。 勝敗で常にランキングの変動があり、
それを確認出来るようになっているのも良い煽り方です。

それとこのゲームの特筆すべきはモードが充実している事です。
一人で遊ぶストーリーや、操作を練習するプラクティス、実戦練習のCOM戦、
お友達と遊ぶ対戦に至ってはダウンロードプレイにも対応という良心的仕様。
協力プレイやパレットトレードなども出来ます。 
それに付け加えてWiFi対戦と、企画的にはガチさを匂わせますが
コレ本当にターゲットとしてるコロコロ読者層などが買ってるかどうかは疑問です。
個人的には盛り上がって欲しい・・・


総評するに、結構爽快な対戦アクションなので、DSもっててアクションゲーが
好きな人にはイチオシしたいです。
[PR]
by souka_t | 2007-05-18 07:04 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< てりマヨビーフ・ガツンとガーリック 【ゲーム】新作実況・応援団2&... >>