【ゲーム】ジャンプアルティメットスターズ・クリア感想


発売してから随分経ってしまいましたが、先ほどようやく打開、
DS用ソフト・ジャンプアルティメットスターズ。

このソフトは、週刊少年ジャンプのキャラ総出演の2D対戦型アクションゲーム。
FC時代にバンダイより発売された ファミコンジャンプ をどことなく思わせる内容だが、
出演作品の数が半端では無い。


クリアまでに全てミッションをコンプしようかと思って、マメにプレイを重ねていたのですが、どうしても条件を達成出来ないところがあったのでコンプ断念。 だいたい9割方までは行ったと思う。
キャラゲームとしても2Dアクションゲームとしてもかなり完成度が高く、トライアンドエラーも苦では無かった。
参加ジャンプ作品には5割程度ぐらいしか思い入れがなかったが、
それでも充分に楽しめた。それもこのゲームの完成度の高さゆえだと思う。
特にデッキメイクによる好みのキャラ編成やサポートの組み合わせが面白く、
前作はそれでも全コンプしてしまうとやや寂しいものがあったが、
今作はWi-Fi対戦が加わったおかげでデッキを組む楽しさが持続させられる。 
やたらに長く遊べる一本だ。

それにしても最近のDSタイトルはホントに造り込まれたものが多いから困る、
私のように あれもこれも と次々と遊んでいくゲーマーにとっては嬉しい責め具だな。
[PR]
by souka_t | 2007-01-06 13:03 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< ゲーマーラジオ第27回 【アニメ】コードギアス第一話を見た >>