【映画】硫黄島・父親達の星条旗


父親達の星条旗、朝一で観て来ました。

今月中頃に厚木基地で硫黄島のエピソードを聞き、
先週CATVのムービーチャンネルの父親達の星条旗特集を見、
今週はテレビドラマADをやってる友人が星条旗の美術監督と知り合い
だからオススメされたりと、 まさに見に行くべきは天啓と言った流れで
観賞しに行った訳ですが、 これが素晴らしかった。
個人的にはここ数年では最大級、ライアン以来の傑作だったと思います。

内容は硫黄島上陸部隊の戦闘パートと、戦後に英雄として担ぎ上げられる3人の主役格
のお話パート、とおおまかに2つの流れで進行していくのですが、
これがまた頻度に時系列が移り変わって、人によっては混乱するかもしれませんが
個人的に配分は程良い方だと感じました。

戦闘パートはもう全編息を呑む勢いで、天然の要害と化した硫黄島からの
弾幕でどんどん倒れていく米兵の様が凄く、シンレッドラインに足りない物が
全部ここにあった感じでした。
個人的にはF4Uのロケット射出シーンや艦砲射撃、揚陸ボートのシーンなどが
ニヤリとさせられました。たまらん。

硫黄島戦後の星条旗(2本目)を掲げた6人のうちの生き残り3人の
持ち上げられるだけ持ち上げられて転落する末路の書き方など
個人的に好きな部類なのですが、これはノンフィクションなので
事実は小説より奇なりを思い知ったという感じでした。
それと、今回の硫黄島第1部の内容は今年にあった2つのニュースを彷彿と
させられました、以下の記事です。
・「軍命令は創作」初証言
(ソース元:iza)
・仲間の命を救ったシール隊員
(引用元:日刊良スレガイド)



映画の最後に、第二部・硫黄島からの手紙の予告編が流れるのですが、
これがホントにヤバかった、その予告編があまりに良く出来ていたため、
第一部を見て終われません。 あれはズルいと思う・・・ 第二部楽しみ過ぎ。
外国人の描く日本兵は、ラストサムライ・シンレッドライン・パールハーバー
とトンデモナイものを近年見せつけられているので不安材料いっぱいではありますが、
あの予告編から伝わるガチさは相当なものです。

とりあえず第2部もある事も考慮すると、現時点では個人的に4年に1本あるかないか
の傑作戦争映画だったと思います、かなりオススメ、イチオシ。 つか見ろ!!

・追記
ドぎついグロシーンがいくつかあります、
カップルて行くとかマヂやめとく方が無難です。

あとグロシーンがスゲエのに限って 傑作が多い気がするんですが、
いや ライアンとか ほらライアンとか えっとシンドラーのリストはちょっと規格外か、
あとハンバーガーヒルとかブラックホークダウンとかあのあたり 

・おまけ

映画観賞後はシュクリア・チキンカツカレー。
いや マヂ美味いし安い、藤沢来たら是非お試しあれ
[PR]
by souka_t | 2006-10-28 20:46 | 映画・ドラマの趣き | Comments(2)
Commented by 湘南のエロ at 2006-10-30 10:14 x
12月の第二部も絶対に行くのさっ!
ビバッ シュクリア!!
Commented by souka_t at 2006-10-30 14:52
12月が楽しみでならねえっっっ><

後々考えて見ると客層のおじいちゃんたちの一部は
今回にケンさん出ると間違えて見に来ちゃった人いたんじゃないかな。

つかシュクリアうめえっっ
<< チーズポテト・ラズベリーフィズ 罰ゲーム:ひぐらし >>