冬への計画
コミケ終了時が最も創作意欲が高くなる。

それは出展側に身を置いた者になら誰しもが共感出来る事だろう。
なにせ星の数ほどの同族の作品を見た後であり、直に自分の作品に触れる人間と
対面した後だからだ。 向上心がある者ならば次を考えられずにはいられないはず。

そんな訳で士気が天を突く勢いのうちに、冬の計画を練り上げました。

大きく分けて制作ラインは2つ、
現在制作中で今回に間に合わなかった"硝煙の四重奏"の完全版制作が1つ、
前作OM2にボイスを追加したニューバージョンが2つ目。
これらをカップリングしたものを冬に出展予定です。

1つ目の制作はいつもどおりバランスを探り探り進めていますが、
2つ目のボイスを入れるための"ネット声優さん"探しに苦戦しています。
昨日今日とネット声優の界隈を念入りに調べ上げているのですが、
なかなかイメージに合う主人公声の候補が見つからない。

一瞬 これだっ と思っても、サイトの内容から依頼を受け付けているのどうか
よく分からなかったり、活動停止中だったりと、その界隈の特異性に翻弄
されっぱなしです。

それと以前から思っていた事ですが、ネット声優のマナーについて記述されている
サイトはいくつかあるのですが、依頼側の台本の書き方について書かれたサイトが
見当たりません。 OM1の時に何人かのネット声優さんとメールでボイスファイルを
やりとりしましたが、そもそも自分の書いてる台本って分かりやすいものなのかどうか
常々不安に思ってるんですよねぇ。
ネット声優界隈の方々はどういう書き方をしてるんだろうか?
二次創作モノならキャラを相手も掴んでるんだろうから、ちょっとした場面説明と
台詞の羅列で良いんだろうけど、自分のような一次創作となると世界観やキャラプロフを
1から説明しなくてはいけない。 そこで一番の問題はキャラプロフでどんな事を
押さえておけば、イメージが伝わり易いか・演じ易いかという事。
書き過ぎても相手が混乱する&1人1人やってたら手間がハンパ無いし、簡素過ぎても
さすがに駄目だろう、非常に難しいところだ。
このあたりの模索も今回の大きな経験となるだろう、創作上良しとすべきは常進化である。


と言う訳で今週はこれといったゲームが発売しないし、
ワンダと巨象もまだ5匹目打開で止まってるので一生懸命搾り出してこんなネタしか書けねえ
[PR]
by souka_t | 2006-08-17 19:16 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< メガドライブ2 復活 チェリオブルー >>