【ゲーム】プロジェクトハッカークリア感想


先週買ってきたDSソフト・プロジェクトハッカーをクリアしました、
早速その感想をば。


ADVというジャンルに置いて、コマンド総当たり式の進化系統に位置する本作ですが、
良い所と悪い所が混雑する微妙なゲームであった というのが簡易な感想です。

コマンド総当たり式と言っても、必要最低限の選択の中から選び、
二度聞きする部分もほとんど無く、進むために必要な選択肢はその都度現れるので
迷う事無く本編の話はサクサク進みます。
このあたりは昔のコマンドADVに比べれば随分と親切になったものです。

ハッキングのミニゲームは前半は簡単なものばかりですが、
終盤になってくると結構な難易度、プレーヤースキルを要するものが出て来ます。
絶対に越せないというほどのものでは無いので、このあたりのサジ加減は正解かなという
気はします。 エフェクトがテクノチックでカッコイイのも好印象です。
ミニゲーム自体が面白いかどうかはさておき雰囲気は出ていたと思います。
逆にADV部分をとことん楽しみたかった人には変な足止めに感じるかもしれません、
スナッチャーやポリスノーツが好きだった自分にとっては程良しでした。

ボリュームの方はシナリオ0~4と全5話から成っていて、
最後まで終わらせた感じとしては、短くも無く 長過ぎもせず と言った所。
携帯ゲームのADVとしては標準的だったと思います。

あと、ゲームの世界内に存在するWEB上のサイトの作り込みが
無駄に凝ってる事。これがこのゲームの最大の美点とも言えます。


さて、ここまでが良い所です。
このゲームには良い所と同じぐらい悪い所が存在します。


まず、キャラクターに魅力が無い という点。
あのサクラ大戦のREDが企画したと言うのならばキャラに期待してしまうのは
自明の理。 期待し過ぎた故にというよりも期待してなくてもかなりアレな感じでした。
ヒロインのイタタな行動や言動には目を覆うばかりですが、それを差し引いても
各キャラの魅力を引き出すのに失敗してる感じが否めません。

次にシナリオ、
3話終了あたりからようやく盛り上がってくるのですが、
それまでの話が微妙に古くさい展開。ハッカーを取り扱ったサイバーパンクでは
決して無く、トンデモというほどハッチャケ切れて無いどっち付かずな雰囲気が
長く続きます。 プレイ中は謎解きに専念してしまうため余り気になりませんが、
終わって見ると う~ん と言った感じ。

最後にパスワード解きがしつこい点、
このゲームの面白い部分でもあるので感じる事は人それぞれかもしれませんが、
個人的には 同じネタ(展開)は3回まで がお約束だと思います。
本編中のPCのパスワード解きの場面は多過ぎです。


そして、良くも悪くも無い点が謎解き自体。

当初はディテクトハッカーという名前で発表されたので、
探偵モノ・ミステリー系を期待してしまったのは自分だけでは無い事でしょう。
しかし本編の謎解きはミステリーの方法論のそれでは無く、
パズルっぽい資料の読み比べがメイン。
期待とは大幅にズレていた事に対してはガッカリでしたが、これがまた
程良くヒントが散りばめられていて上手く万人向けに仕立てていたとも感じました。
前半は簡単過ぎる感がありましたが、後半になってくるにつれて二重底・三重底の
WEB参照資料の袋小路が用意してあったりとそこそこ巧妙でした。


総評するに人にイチオシ出来る程のものでは無いですが、
1ADV好きとしてはそこそこ満足出来るものでした。
次回作にどれだけユーザーの要望が反映されるかで、結構化けるのではと
言う期待も無きにしもあらずです。 個人的には次回作には期待してみたいと思います。
[PR]
by souka_t | 2006-07-18 17:20 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 新作ゲーム実況・Touch! ... チョコビ >>