怪盗ルソー・ファーストインプレッション

今日も藤沢シータで新作ゲット。
ニンテンド-DSソフト・怪盗ルソーメタルサーガ鋼の季節
ポーチとサントラと特典もしっかり付いてきたのがラッキー☆
ポーチはDSケロロ軍曹の時と同じような材質のようです、
バンダイ系のゲームにはまた定番でポーチがついてくる可能性大?

では、怪盗ルソーの方を1話2章までクリアしたので早速感想。


公式で書いてあるように、まさに漫画を読むノリ。
タッチペン操作であやしいところや話す相手など突ついてゲームが展開していくんだけど、所々にアドベンチャー的なフラグ探しの要素もあり、一慨にただの漫画のページめくりゲームとも言えない感じ。
このゲームの最大の特徴である変装お絵描きは、ここぞという所でプレーヤーに描かせるって訳でも無く、むしろ本編中かなり頻繁に描かせられる。このあたりが面白いと感じるかどうかで評価が分かれるんじゃないかな。個人的には楽しいと思う。

ストーリーはもう公式サイトのノリを見て分かる通り、かなりギャグテイストが濃く突っ込み所が満載、華麗な怪盗ストーリーでは無いのは確か。 それでもキャラクターの魅力を随分と引き出している感じはするので、キャラクターでピンと来た人は結構満足出来るんじゃないかな。

今のところはDSの機能を生かした乙なキャラゲーと言った感じ。


メタルサーガ 鋼の季節もプレイしたのでひっそりと感想。  発売前からタッチペンオンリーという事で物議を呼んでいた今作ですが、正直かなりヤバイ、タッチペンは個人的にはパソゲーによくあるフルマウスRPGの延長みたいなものだから別にいいんですけど、移動速度の遅さはかなりヤバイ。 たった30分のプレイですが、これはオススメ出来ない… 一応最後までやりますけど、、、

[PR]
by SOUKA_T | 2006-06-15 15:41 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】怪盗ルソー・クリア感想 新作ゲーム実況放送 6/15 >>