【ゲーム】N64版エヴァンゲリオン感想

昨日買ってきた64版エヴァンゲリオンのイージーモードをクリア。

■感想

一見アクションゲームに見えて、その実なかなかのキワモノタイミングゲーでした。
自分は裸の中古カセットを買ったのでマニュアルが無いせいもあるかもしれませんが、
使徒ごとの戦闘ルールを把握するのが一番手間取りました。
ミッション開始前に簡易なボタン説明が入るには入るんですけど、
いったいどんなタイミングでボタンを押せばイイのか分かり辛く、
結局トライアンドエラーで身に付けていくといった感じ。
それと、2つのボタンの交互の連射ようするにピアノ打ち連打を強要されるため、
そういうのがニガテな人にはかなりツライかもしれない。

がしかし、使徒との対決のグラフィックや演出の原作再現度には目を見張るモノがあり、
今見るとローポリに感じはするが、原作の戦闘部分のほとんどをフル3Dで再現しきった
という意気込みこそがこのソフトのすべてだと言っても良い。
あと64ながらボイスをふんだんに使われている所もポイント。

アルファシステムのエヴァもいいが、この戦闘演出にのみ特化した64エヴァも
ファンなら1度はプレイしてみてもいいのではと思う。

ちなみにイージーモードでは量産型エヴァが降り立ったところで終わる。
正直コレ以上難易度があがるとこのゲームはムズイ(;´ < `)
おそらくノーマル以降に対量産型戦あるっぽい
[PR]
by souka_t | 2006-04-09 14:15 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< クリスタルゲイザー・スパークリ... 【ラジオ】家ゲーマーらじお第2回 >>