【ゲーム】ゼノサーガⅠ・Ⅱクリア感想


DSゼノサーガⅠ・Ⅱようやくクリア。
早速感想をば。


全20エピソードというだけあってか、長さそれなりにあった気がする。
しかし尺のほとんどがアドベンチャーゲームチックな立ち絵劇で伸ばされているため、
20話すべてやり終えた率直な感想としてはRPGをやった気にはあまりなれなかった。

基本的なゲームの流れは
「ADVチックな会話画面」→「短めのダンジョンの奥のボス討伐」
の繰り返しで、世界のいたる所に有る施設を自由に行き来がまったく出来ないため
いささかやらされてる感が残る造り。
だが、逆を言えば行き先ややる事が毎度明確なのでシンプルかつ分かりやすい
とも言える。 このあたりは好みの分かれるところだろう。

以前に書いたプレイ感想のとおり、戦闘パートのテンポが素晴らしいの一言。
序盤はザコであろうと油断したら一撃でHPの1/3を持っていかれるような緊張感も
ありましたが、フォーメーションや仲間が増えたあたりからかなり楽になってきました。
2部になってロボット戦も展開するんですが、オリジナルのような1部でのロボット戦は
スッパリ削った様子。 前半からボスに快勝し続けていたのでロボットの存在自体
忘れてました。 ボス戦などの難易度も随分と緩和されたように感じました。

ストーリーは相変わらず難解でしたが、用語辞典の使い勝手の良さが講じて
その都度その都度出てくる劇中用語に混乱せずに済みました。
下画面と連動する用語辞典こそがこのゲーム最大の美点だったんじゃないかな、
これから難解な設定のADVが出るとしたらこういう片方の画面をサポート機能
とするのがDSでのスタンダードになるといいかも。

とりあえず総評するに、予想以上にテキストと立ち絵で見せる部分が多かっただけに
物語重視なRPGが好きな人には軽くオススメ。


追記
ところで最後に出てきた新入りの白の人ってアルベドですよね?
あれだけ戦ったのに復活とか萎えるなあ~
[PR]
by souka_t | 2006-04-06 09:06 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】DS・ロックマン ゼクス ポテリッチ・うすしお味 >>