【ゲーム】バルドフォース・エグゼ


日曜に買ってきたバルドフォース・エグゼ先ほどクリア。

早速感想をばー


購入動機としてはオリジナルのPC版でのメカアクション部分の完成度が高いという
話を当時各所より聞いていたので、今回の廉価版に乗じて手を出してみたんですが、
これがまたガチに面白かった。

非常に古いたとえで恐縮なんですが、10年以上昔にPC9801用のゲームで
発売したシステムソフトさんのロボクラッシュの戦闘パートを自分で動かせるようにした
感覚、 いやマヂに分かり難いねこのたとえ。
とにかくスケートリンクを滑るが如く気持ちよく動いて、攻撃も気持ち良くコンボが決まる
というアクションスキーにはたまらん出来、自分的にはかなり満足。

あと、あんまりウザかったら本編のビジュアルテキストパートはスキップ連打しようかと
思ってたんですが、最近のバカ多いテキスト量とは対象的に必要最小限のテキスト量
で本編のサイバーパンクな世界観と1癖2癖あるキャラの性格など上手く表現されてい
たのが印象的で、予想に反して本編のストーリーにもハマりました。
個人的にはこれぐらいのテキスト量が丁度良いと思うんだよなあ…

本編では終盤のテロリストの元に行くか行かないかの選択を迫られる所とか
アツかったかな、ああいうガチ迷う選択肢が大好きなんですよ自分。
常々ADVはキーを叩いて話を先に進ませるだけでなく、リアルでユーザーを悩ませたら
勝ちなんじゃないかと思うんだよね。 おまえらも竜王から世界の半分もらおうとしたべ?

それと声優陣がかなりアツかった事も付け加えておきたい。
主人公がアスラン・石田彰なのはともかく、テロリスト側のボスが大塚明夫、
ジャンキーなテロリストが千葉繁

そして自分が本編にハマる最大のキッカケとなったボイスは
我等の後藤隊長こと 大林隆介さんっ
個人的には若本さんよりキャッチーな声優さんですっ>< 
アルケミストのボイスコーディネートの中の人グッジョブっ


やっぱ戯画すげーわ、さすが親元がTGLの事はある。
TGLと言えばわたしのようなPC98フリークには多大な恩恵を受けたメーカーで、
98で格闘アクションが出来るんだゾと示した ソードダンサー とか
PC版ファイヤーエムブレムと言われたファーランドストーリー とかね、
昔っから一歩進んだゲーム作ってたわあそこ。

と言う訳でバルドフォース・エグゼでした。
かなりオススメだっ! ショップで廉価通常版を発見したら君等も買いたまえ、
決して限定版ではなく通常版だぞ!
[PR]
by souka_t | 2006-03-29 08:14 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】戦国BASARA ポテトチップス・ケチャップ味 >>