ゲームと教育の融合の可能性
今どきの子供はカードゲームで歴史を学ぶ
(ネタ元:エキサイトより)

同人とかで誰かが歴史ネタ+対戦トレーディングカードネタをやってくれると思ってたが、
本家の教材企業がやってくれましたね、非常に興味深い。

計算ドリルを含む脳トレとか英語あそびとか、昨今のゲーム(電源必要不必要含む)
は教育関連との融合に成功している感はあるね。
芸能人を全面に出したプロモやCMを打つ下卑た方法で間口を広げるよりかは
断然建設的だと思う。というか地上波のテレビ見て無いから芸能人がわからん。


そういえば昔、光栄からEMITという英語を学ぶアドベンチャーゲームが出てたよね。
主人公の声に林原めぐみを抜擢したり、キャラデザインにいのまたむつみ先生、
更に作品自体が三部作という結構豪華な作りだった気がする。
サターン版とか捨て値で売られてるから今度救済してみようかな…
当時はFM-TOWNS陣営が標準装備のCDROMドライブを生かして
コレを売り込んでたよな。
[PR]
by souka_t | 2006-02-27 14:18 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< ギザギザポテト・黒五しお味 【ゲーム】三国志DS >>