【ゲーム】三国志Ⅹ 7/2
a0011717_15416.gif光栄三国志シリーズ10作目がいよいよ7月に発売するそうです。

自分的に三国志と信長の野望はかれこれ15年近い付き合い
なのですが、ついにシリーズが二桁に台に突入したかと思うと、
長い事やってきたんだなぁと思う次第です。

さて、個人的には5以降の三国志は678とイマイチだったのですが、
9では久々のマイヒットでした。
今回もまたテンポの良い歴史シミュレーションを期待しています。

という訳で先ずは今のところの発表を検証してみたいと
思います。

以下公式サイトより抜粋

進化した全武将プレイと連鎖するイベントシステム

好評だった全武将プレイが復活。武将の身分によってプレイスタイルも様々に変化。イベントシステムは武将の思考やその後のイベントなどに影響を与えて連鎖し、劇的なゲーム展開を実現します。


「特技」を習得し個性豊かな技を磨け

各武将は、経験を積んだり、友好武将から教えてもらうことで、農業や技術など内政関連や、突撃・奇襲といった戦闘系のものまで40種類以上のさまざまな「特技」を習得していきます。


己の知が勝敗を決する

諸葛亮や司馬懿、郭嘉などの文官系の武将にスポットを当てた「舌戦」を搭載。道理や利害、威圧といった手持ちのコマンドをターンごとに使い分けて勝敗を決します。


スピーディーかつ緊迫感あふれる戦闘

局地的な戦術を表現する「戦闘」と大局的な戦略を表現する「戦役」という2段階の戦争を用意。


地方色豊かなマップ表現

中国全土を1枚マップで表現。内政を進めることで各都市ごとに特徴ある特殊施設が登場するなど地の利を活かしながら目標をもって、都市攻略や開発を楽しめます。


ネットワーク上に専用コンテンツを用意

プレイ結果のランキングや他のプレイヤーが作成した武将のダウンロードなど、ユーザー間の交流を盛り上げます。



まず 「全武将プレイの復活」、
個人的には最大の不安要素です。
そういうのは太閤立志伝でやればいいじゃないですか
と思うんですが。どうなんでしょ?
もし10が完全にオンラインゲームなら統一までの1クールごとに
1武将としていろんな戦地に赴いたり 他プレイヤーと交流を持つのも
楽しいかなとは思ったんですけど、COM相手に人生ごっこしてもなあ
と思う次第。

「特技」、これはもう4からある技能の延長みたいなもんですよね、
性格付けに一躍かってるから外す事が出来ない要素になりつつあり。

「舌戦」、これはちょっと楽しみ。
戦場での文官の価値が必要以上に上がるのはどうよ?
というご意見もありそうですが、三国志演技にも戦場で
問答はじめちゃうシーンってありますからね。
必要以上に戦局に影響を与えず、演出程度、例えるなら
源平合戦の合戦はじめの一句のようなものであるといいな。

「戦闘」と「戦役」、ようするに信長に搭載された「決戦」と同じと見て
良いのかな? これはまってましたーーっ!って感じだね。
10でもっとも愛されるシステムになるやも。

「全国一枚マップ」、これは前作から引き続きって感じかな、
変にマシンスペックを要求されないことを祈るだけです(;´ < ‘)

「ネットワークコンテンツ」
ようするにまだ完全にネットゲーってわけじゃないってことだよね。
三国志バトルオンラインもあることだし、大本のこっちのシリーズは
まだまだネットゲー化しなさそうだな~。


とまあ こんなそんなで期待あり不安ありな次回作ですが
ーショーナンロケッティアズは呉国を応援してますー

関連サイト
公式サイト正式発表
[PR]
by souka_t | 2004-05-21 15:42 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 【日々】点聖への道03【第19回】 【アニメ】まっすぐにいこう。 >>