【後日談】あの突撃放送の反省
今回はちょっと分かる人だけのネタになる、スマン。

書きたいのは、昨日のねとらじの某G氏の人の放送でリスナー世論を書き込みで
巧に操作しつつ、強引にスカイプ放送に持ち込んだアレの一件について。


正直反省してる、物凄く反省してる。
何に反省しているかと言うと、徐々に本性を現してDJ・G氏に仕掛けて行く
予定だったんだけど、あまりに向こうの キレる・続ける の境目を模索し続けて
しまったため、可も無く不可も無い放送にしてしまった事。
少なくとも自分の中ではもう少しクオリティが高いオチを用意するはずだった、
リスナーのレスの中にはそれを理解して 「ひやひやする綱渡り」 と的確に
形容してくれた人もいたよね、あれは正解、まさにその通り。
前回のスカイプゲストの放送を聞いてた人は分かると思う、あの人は明かに
ウォッチャーだったろう、というか一番はじめに "いいオチ対象として聞いてる"
って実質宣言してたよね。 その後物凄く上手く放送のクオリティを上げてたけど、
その彼にして訳の分からない理由でブチギレられてたんですから、
そりゃもう警戒しつつ探り探りに成らざるを得ないわけですわ。

それでも最終的にはヒールを演じる予定だった、
聞いてた人の半分はその意図を解していたみたいだけど、半分は明かに
”ガチでいい人”と思ってくれちゃったと思う。 ごめん、あれは作られたキャラなんだ、
”嘘の中に少し真実を混ぜれば上手い嘘になるの法則”にのっとって作られたキャラ。
だって 同人作家 っていうのはホントだもん。

と言う訳でせっかく人生2回目のスカイプゲストに出たんで記念にネタとしてストック。
そのうちまたどこかで出ようかと思う、 というか近場のDJ・Oさん
今度自分を呼んでくれませんか? なーんつって アハ★
[PR]
by souka_t | 2005-11-25 03:16 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 張飛と酒が飲みたい。 【ゲーム】どうぶつの森Wi-Fi交流 >>