グラム氏によるゲムマ後のプレイ評
グラム氏によるゲームマーケット後に遊んだゲームのプレイ評です。




■COMBO
GW中に印刷したP&Pゲーム。同じマークを5つ繋げると勝ちの、うっかり即死ゲーム。互いに警戒していると膠着しがち。






■横暴編集長ニンジャ記念日
ジャンクションさんの、ゲームマーケット2016秋の追加カードセット。基本セットと混ぜる前に、拡張セットのみで試しプレイ。採用は「だいじょうぶ愛は奪う」。





■万怪談
おいしいたにしさんの今回の新作。より初心者向けカードが多い、怪談作成ゲーム。∞怪談と混ぜる前に万怪談のみでプレイ。幽霊坂で女が消えて何も解決しない怪談を披露。






■新版トーテムのこころハーフ
ジャンクションさんの今回の新作。2版。初版を入手してありますが、サンダーバードのイラストが追加と聞いたので買い替えるつもりで入手。ひとまず追加のソロルールをプレイ。





■8ビットモックアップミニ
さとーふぁみりあさんの、今回の新作。拡張タイルセットに付属の2人用ルール。タイルの奪い合いが発生し、基本とはかなり違う印象。





■TOC TOC WOODMAN/木こり達人
Swan Panasiaさんの定番アクションゲーム。木の皮を落としたら1点、丸太を落としたら-5点。開会最初に、大人数ルールで。わかりやすく盛り上がります。





■トドメ騎士団
インスタント・インストさんの今回の新作。アートワークが良く、今回の見て即座に予約を決意した枠。基本はカウントアップでわかりやすく、敵は15枚から6枚を使うので展開も多様。





■スタータップス
オインクゲームズさんの、「ライツ」のリメイク。山か場からカードを引いて、手札から場か自分の前に配置する。初プレイではよくわからないというのが正直なところ。





■ドワーフのネックレス工房
Power9Gamesさんの今回の新作。昨年の試作「龍と政略」の完成版。カード効果で実際にネックレスが作られるのが魅力。手札点が意外と重要のようです。





■モニャイの仮面
ギフトテンインダストリさんの、2017神戸の新作。VRアナログゲームの第二弾、スマホ画面に映される遺跡を口頭で説明。クイズという性質上、正答に至るための情報は全て提示されるようで、時間制限や難度アップカードさえなければ難度はかなり低め。




プレイ評/グラム




[PR]
by souka_t | 2017-05-21 20:25 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2017 月曜更新第21回 ゲームマーケット2017春であ... >>