NT2017年11月号 FSS感想

はい、今月のFSS感想です。



扉の解説は今回ナシ。
ゴティックメード再上映の告知。

あっちこっちで再上映してたから、さほど驚きはないですか、
舞台挨拶に御大ご登場となると、ほんのり惹かれる。





バッハトマの会議から始るとおもいきや、
今月は既に会議が終わったところから開始。
ベール会長とボスヤスフォードの会話で、
次の戦の火種がアドラー星へ移ると予告。
マウザー教授もほんのり登場。


リッターピクトでの解説通り
第7話以降の伏線を仕込んできた感じ。
コーネラ王国もいよいよ動くということで、
カン改めGTMデモールやマヨールの登場も目前?
大戦の舞台は南部へ。



ツバンツヒ探索に出ていたカリギュラのD-D6とEV7。
消滅と判断し探索打ち切り。





が、目の前で実はじょしこーこーせーをしていた。

更にレンダウドもミラージュ加入。
じょししょーがくせー となっていた。


これはかなり強引に端折った。
ツラック隊の後、スコーパー能力を使ったことで
アマテラスに察知されて、なんやかんやでミラージュ入り
したとのことだが、台詞の中で消化されたーっ!!
ロリ極まるレンダウドの勇姿は本誌でチェックだ。



ヨーンもつつがなく任務を終え一段落のところ、
唐突にジーク再登場。

初登場時のジークはママのキョーレツなキャラで
若干霞んでしまったが、今回はジークがわりと強烈。
そしてヨーンとジークのノリは軽い、まさに学生。



ヨーンがファティマを取ったことを茶化しまくるジーク。
ジークは、ヨーンと似たもの同士てあったがファティマを
取ってしまって同じではなくなったとボヤく。

二人のキャキャムフフが今回のメインと言わんばかり。
これは薄い本まったなし。



お互いにちゃあに告れと言い合うが、
ジークには夢で見た謎の少女が気になる様子。

謎の少女のの声が響く中、クリスティンに出撃を命じる
イメージが入って 今月終了。


三角関係と思いきや急展開だー。
ジークが語る
ちゃあに近い変わった目をした少女と綺麗な声の女性
とは一体誰なのか? ものすごーーく思わせぶって
ぶつ切りで終わってしまったああ。
すぐ来月に答え分かりそうだけど、予想としては
謎の少女はマグダルかな。声の綺麗な方はわからん、
マグダルを守護する歴代の詩女?
最後のページはデザインズとかで予告があった
クリスティンとセントリーの出撃シーンっぽい。
でも、声の主がマグダルだとして、なぜジークに助けを求める?
そこはやはりジークの出生に秘密があるのではなかろーか。

それにしても今月はちょっと急ぎ過ぎで半端に詰め込んだ
展開に見えた。予想してたところがおもいきり端折られてたから
余計早く感じる。でもこの先の話が早く見たい!!!






[PR]
by souka_t | 2017-10-10 15:12 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
<< 2017 月曜更新第42回 グラム氏による春ゲムマ以降自宅... >>