グラム氏による春ゲムマ以降自宅で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による春のゲームマーケット以降、自宅で遊んだゲームの一言感想です。



■TOKYO HIGHWAY
ITTENさんの話題作。オンリーワンの道路建設アクションゲーム。2版。一定のルールに従って、自分の車を置き切った方の勝ち。勝敗が決したので、他で見れないような角度に挑戦。





■トランプウォール
芸無工房さん、2017神戸の作品。大統領と不法入国者の、トランプを使った陣取り。時事的なテーマはともかく、ドイツゲーム的システムで普通に面白い。
本来はコピーした紙に支配地域を記入するのが推奨されていますが、手元にあったAlicematic英傑伝のトランプ兵と帽子屋の駒を使用しました。





■黄昏の辻
やづ屋さんの、2017春の新作。手札の能力を使いながらの数字当て。正直ビジュアル買いでしたが、能力を使うことが相手へのヒントにもなっていて、悩ましい駆け引きのある鋭い良作でした。





■スプラッシュ!
積み上げアクションゲーム。色か形の合ったブロックを次プレイヤーに渡して積ませ、3回崩させたら勝ち。シンプル。







■Yomi
2ndキャラから、グウェンvsペルセフォネ。ペルセフォネ優勢だったものの、グウェンの超必投げドレッドランズポータルが当たり流れが変わった。
チルベインで凍結させた直後の、回避からの超必打撃ダッシュゴーガーを当ててグウェン勝利。ウチのペルセフォネ全敗は続く。





■禁断の砂漠
2013年の協力ゲーム。以前から気になっていて、放課後さいころ倶楽部10巻で取り上げられたのを機に入手。考古学者と水筒係で、伝説の飛行船の復元に成功。






■TABLE HANABI~卓上のスターマイン~
39芸夢さん、2017春の新作。空中で棒を通す、高難度バランスゲーム。序盤を乗り越えると棒同士が摩擦でひっかかり安定してくるようです。





■つみきメイズ
39芸夢さん、木のおもちゃ入賞作。自分の駒を高く登らせるアクションゲーム。軽くて崩れやすく難しめ。





■神倭のくに
植民地戦争+αさん、オータムフェスタの新作。日本神話の国造り。多くの神を派遣して土地を広げた天照に、高床式住居で文化レベルを上げた大国主が勝利。




プレイ評/グラム




[PR]
by souka_t | 2017-10-10 05:07 | ボードゲーム | Comments(0)
<< NT2017年11月号 FSS感想 ウサギの火星劇団 デザイナーズ... >>