【ボードゲーム】フリートコマンダー その3

フリートコマンダー 第三回は
シナリオ:深宇宙の陥穽

両端より艦隊を展開し包囲する側と
包囲される側に分かれた状況下での艦隊戦。


包囲側が6ダイスロールから開始。
一見包囲側が有利であるが、
包囲される側も艦隊が密接しているため
火力を集中しやすいという利点もあり、
互いに油断なら無い状況からのスタート。



フェーベ軍(中央)

戦艦x1 巡洋艦x2  駆逐艦x1

前回と同じく防御力重視の編成。


アミクリィ軍(手前と奥)

戦艦x1 駆逐艦x2 小型艦x4

これまた前回と同じ編成。





フェーベ軍、包囲戦ではセオリーとも言うべく
一箇所への集中攻撃で突破。左下の空域へと抜ける。

コロニーを軸にして互いの主力がぶつかりあう形に。






やや遠方で持て余しているアミクリィ軍の駆逐艦部隊が
到着する前に、早期決戦を持ち込もうとフェーベ軍の猛攻撃で
アミクリィ軍の戦艦撃沈。
だが、戦局劣勢とみるや、アミクリィ軍の駆逐艦部隊を即投入。
逆にフェーベ戦艦が包囲殲滅された。





結果

フェーベ軍スコア 6
アミクリィ軍スコア 10


アミクリィ軍の勝利。
このシナリオは初手から戦端が開かれるため、
終始派手な展開で楽しかった。
そして、双方とも一瞬の判断ミスが敗北へ転がるほどに
致命的なものになるため、全編に渡って1手が重い。
その分ゲーム展開が凄まじく早く、4~5ターンぐらいで
決着がつくこともままありそう。

元々、砲火が始まれば一瞬で終わるゲームだけど
それに加速して更に短時間で決着が付くシナリオだった。
なかなか良い。




[PR]
by souka_t | 2017-09-30 09:54 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 中野・オムライス&ダイニングバ... ゲーム合宿 >>