ゲーム合宿

秋めいてきたので恒例のゲーム合宿してきました!!
秋といえばゲーム、ゲームといえば秋。
まさに、ゲームシーズンであります。




まずは高円寺に集合し、すごろくやさんへ。
店内にはキャプテンリノスーパーバトルの立体パネルが。
なんでもすごろくやスタッフの手製なんだそーです。
HABAの販促物かと思った、まぢすげー!!




■戦国ラタック 川中島の戦い
合宿最初のゲームは、
軍人将棋の元祖といわれるラタックの戦国テーマ版。
正体不明のコマをぶつけ合って勝敗半定をする基本的な部分は
軍人将棋と同じであるものの、その判定人(第三者)が必要なかったり、
司令部が初期配置のコマの1つだったり、微妙に差異がある。





初期配置はこんな感じ。
両陣営この中の1つが軍旗。
軍旗を取ったら勝ち。





武田信玄・上杉謙信の武将コマはあらゆるコマに勝つ。
忍者コマはあらゆるコマに負けるが武将コマに勝つ。

写真は青軍の忍者が見事武田信玄を仕留めるの図。
ひじょーに爽快な瞬間。
信玄公が倒れても戦は続く!!





金堀衆はあらゆるコマに負けるが、落とし穴に勝つ。
落とし穴は動けない代わりにあらゆるコマに勝つが金堀衆に負ける。


写真は赤軍の落とし穴で囲まれた軍旗に対して
青軍が全ての落とし穴を掘り出して軍旗にたどり着いた図。
これまた爽快な場面。

互いの本拠地の所在を探すのは軍人将棋と大きく異なる要素。
このプレイ感はガイスターやドラクエダンジョンに近いものがある。
個人的には軍人将棋より好き。 結構面白い!!!






■ドンブリコ

なつかしの500円ゲームズ、その中でも当時話題になったドンブリコ。
2枚の公開カードに合計6ポイントを超えないように手札をつけて刈り入れる、
あるいは6ポイントを超えるようにつけて相手に取らせるように仕向けるゲーム。
6ポイントまで加点でそれ以上はマイナスとなる。
点数を消費して手札を裏向きで出すことも出来る。
これが良い具合にブラフ要素となって楽しい。





初手が非常に悩ましい。
大雑把に吊り上げていくと相手に取られるので、
ちょっとづつ吊り上げるか下げるて牽制するか、
点数を消費してブラフを張るか、考えどころは多い。





最後は点数のストックがわずかなところで
カードを引き取って終了。
ストック分しか加点されないため合計値が良いタイミングで引き取っても
点数伸びず。

面白い!! これはよくできてる。
いやらしい駆け引きが楽しめた!!!







■ソロモンの王国

久々に回しました。 ワーカープレイスメントの中では
かなりお気に入りの一品。
中量級のルール量で遊びやすく
テーマもなかなかイケてる。





建設重視で物資をつぎ込み着実に加点していく青、
大司教重視でその特権を上手く使い物資を溜め込む赤。

方針は真っ向に分かれた。

着実に青が建設を伸ばす一方
唯一青が立てた金産出場への橋を赤の大司教特権で
逆に利用される場面も。




青の建築で走ったとおもいきや、
最終的ターンで赤が神殿大改修を行い猛烈なブースト。

赤の逆転勝利。
猛烈な大司教プレイを見た!!









■ドラゴンイヤー17

続いて初ドラゴンイヤー。
不吉な辰年12ヶ月間をいかに乗り越えて得点していくか競うゲーム。
とにかくマゾい とにかく死ぬ とにかく苦しい








あまりに死ぬもんで途中から割り切って
全滅覚悟の特権プレイにシフトした青が超僅差で勝利。

これは生き残らすのはいろいろムリだろ・・・
と思ったが、後日、ルールミスが散見され、
そこまでインセインモードじゃなかったことが判明。
干ばつが宮殿の高さも関係するでプレイしてたので
そりゃ死ぬわー







夜は酢豚作りました。
行程を減らすため使ってる肉がチキンからあげなので
酢鳥です。 これがまた意外と美味い。
手間がかかりそうな中華だけど、酢豚の元使えば
実質、野菜を刻んでチンしたからあげと一緒にフライパンで
炒めるだけなので結構ラク。
味はなかなかのものでしたぞ!!







■マハラジャの遺産

翌日はマハラジャの遺産からスタート。
先日すごろくやで購入してきた一品だ。

ゲームはお金を取るか品物カードを買うかというシンプルなプレイ。
お金を取れば次の相手は品物を安く買えてしまうというジレンマ。
品物の品種によってお題カードが獲得できて更に点が伸びたり、
最終的に1色につき2つ以上品物がないと破棄になったりと、
シャハトらしい点数ルールが良い。





初戦は通常ルールで2人プレイ。

序盤はとりあえず手頃な品物を数揃えて行き、
ある程度お題のコレクションンカードの射程圏内に入ったら
選り好みしていくといった感じのプレイイング。

なかなかサクサクと進んで楽しい。
ヴァリアントもあるから2人で通常ルールはちょっと地味かもと
思ったけど、これはこれで結構良い感じ。





つづいて2人用ヴァリアントでプレイ。

こちらはコレクション入手時に追加効果がある。
中でも場のカードを引き払ってラウンド強制終了してしまう
効果がなかなかハデで、ゲームのスピード感が一気に増した。
だいたい通常ゲームの2/3ぐらいの尺になるので
序盤から年密な計画で加点していかないとアッサリ終わる。
こりゃああおもしれえ!!

マハラジャの遺産2人用ヴァリアントかなり良いです!!
お気に入りの小箱になるかも。







■ソロモンの王国

2日目2戦目は再度ソロモン。
今回は大司教の強さを思い知った青が
中盤から大司教を争う展開に。
終盤に大司教権を手放し、再度建設にシフト。
逆に大司教争いにリソースを割き過ぎた赤が僅差で敗北。
なんと今回は大神殿完成エンドだ。

なかなかこのゲーム奥が深い。
フォーチュンカードが今回猛威を振るわなかったが、
事と次第によってはカード運も絡んでくる。
建設・神殿司教・カードの三要素の絡み合いが熱い傑作だ。
また機会があればプレイしたい。






■ドラゴンイヤー17

ドラゴン2回目。 この時はまだルールの間違いに
気づかなかったのでドマゾモードでの戦い。





再び特権買い込みに走る青。
ある程度まで点数を伸ばし、最終ラウンドまではわずかにリードしていた・・・





赤は踊り子を囲い込みながら、
最終ラウンドで僧侶を雇い、まさかの最終決算大逆転。

最後の僧侶点が結構デカイ!!
なかなか奥深いゲームだった。
これはまた正確なルールで遊びたい。 めちゃくちや苦しくて面白い!!苦しい!!







■煙血鋼撃 拡張テスト

新兵科・遊撃兵と光学装兵、新機体・対人2足型
を使用した対戦。
互いに兵士殲滅を想定した編成。

一進一退の中、対人車両の近接2体攻撃がキマったり、
工兵の待ち伏せ攻撃がキマったりと旧兵科の活躍もめざましく、
決定打は光学兵の全域攻撃と対人2足型の中遠広範囲攻撃。
なかなか良いデータ取れた。

来年出すかも




最後はミスドでモーニングして解散。
ハロウィンでクロミとコラボ中!!
なんかオーダーメイドのハロロウィンドーナッツが作れる
キャンペーン実施中とのことです。 ミスドもあのテこのテでようやりまんなっ!





[PR]
by souka_t | 2017-09-30 08:39 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【ボードゲーム】フリートコマ... 2017 月曜更新第39回 >>