3/26~29にプレイしたボードゲーム感想

ボドゲの感想が溜まったので、一気に書いていこう。
まずは、六本木・しら石のボードゲーム会から


■ニンテンドースイッチ

まずは人が集まるまで、ニンテンドースイッチを触らせてもらった。
スニッパーズ という協力してパズル仕掛けを解くゲームをプレイしたんだけど、
これがすこぶる面白く、毎度クリア方法が違うステージを
あれこれ工夫して解いていくのが楽しい。しかも、
ちょっと強引な方法で解いたりもできるので、ガッツリ正答を探すというより
ちょっとやんわりとお題に挑む感じがとても良い。
パズルゲームではエッガーランド以来の感動かも。
ネオジオのゲームもやらせてもらった。
一つのモニターを立てて二人で遊べる構成は殊の外良く、
携帯ゲーム機というより、ゲーセンの対戦台を持ち込む感じに近く感じた。
スイッチ思った以上にすごい!!
おれもスイッチほしーよー、スイッチのためにお金貯めたいよおう。





■ウボンゴ各種

初ウボンゴにしていろんなウボンゴやらせてもらいました。
ふつうのテトリスブロック並べるようなのと、
角が三角なやつと六角形の集合体のやつ。
中でも群を抜いて難しいのは角が三角のやつで、
どのブロックも形状がいやらしく、二面のうち片面が完成しても
まったく安心できないのがおさろしや。
以前やった台湾タピオカミルクティーも似た感じのゲームだったけど、
比較的タピオカのほうがカンタンだったような気がする。
ウボンゴむずかしーっ
逆に熟練度が実感できるゲームなので、やりこむと楽しそう。





■ダイススターズ

巾着からダイスを取ってロールし、好きなダイス目全部か色全部を取って、
シートに合計値を記入していくゲーム。
序盤はそれぞれ高得点が狙えそうな目や色を取っていくのだけど、
だんだん誰も取らない数字が残って行き、微妙に押し付けあいつつ、
終了条件のシート白マスが埋まった。
チャンス目の点数倍率変動などもあり、このシートがホントよくできてた。
なかなか良いダイスゲームだ。





■シティビルダー

ボードゲーム版シムシティともいうべき都市計画ゲーム。
建物の種類によって隣接すると弊害があったり相乗効果があったりするので、
長期的な計画性が問われる。
今回初プレイで、点数的に走ったものの、
最初に配布される自分だけの目的タイルを軽んじていたため、
最終ボーナスで玉砕。 点数配分もろもろよくできたゲームでした。
ルールの方もそんなに複雑ではないのも良し。
建物の効果が多いのでちょっと処理が煩雑になっていくのがやや難ぐらいか。
スライド式のお買い物システムは面白いので、今度何かに使いたいと思う。






■フェイブルドフルーツ

フリーゼのセットコレクション。1プレイごとにアクションが増え、
ゲームが進化していく。流行のレガシーシステムっぽい何か。
今回はステージ1のみプレイ。
最初はものすごーくシンプルなセットコレクションで
テンポ良くゲームが進む。得点するごとにアクションが減っていくので、
ゲーム回数を重ねるとどんな盤面になるんだろう、という期待が強まる。
表記が全て翻訳されるであろう日本語版がもうすぐ出るとのことで、
これは確かに日本語版でやりたいかも。 結構面白かった。




続いて二人会



■ポートロイヤル

最近よく回す、坊主めくりとお買い物で12点を目指すゲーム。
序盤に色指定で獲得金が増える船員を雇ったら、その色の船全く取れず。負け。
2ゲーム目では武力に走ったものの、相手の提督効果に押されきって負け。
うむむ、勝てない。 
ゲーム自体は、お金の使いどころや坊主めくりをどこまでやるかなど、
決断どころ満載で、一概に運ゲーとも言えないところが良い。
拡張買うかすげえ迷う。







■マンモスハンター

動物か色が3つ揃ったら真ん中のこんぼうを叩き獲得する。
更に、獲得したカードの山も、次から要素の1つとなり獲得対象となるため、
最後まで油断なら無い。 場にカードが増えれば同時に揃う要素もあるため
なにを狙うかによって大きく逆転することがままある。
アクションで早取りゲームは結構ニガテなのだが、これは最後の方まで
勝負できて良いと思った。 逆転要素とは何かを考えさせられるゲームだ。





■ブラアウリア1356

拙作。盤面的な先読みと相手の行動の両方を読まなくてはならない。
今回は相手に行動を読まれアクションのバッティングで大きく足止めをくらい、
一方的に負けてしまった。 自分が作ったゲームながら難しい。
短時間ゲーマーズゲームやぞ。





■オキヤ

定番のオキヤ。 2勝1敗!!
あいかわらず手軽で良いゲームである。





■ボタンアップ

オキヤの兄弟分ともいえる、マンカラ風の短時間ゲーム。
回転重ねする動作が慣れない感覚なので
序盤はなんとなくで動かしがち。
慣れてくると上手く相手より上を取れそう。
独特な動作と独特なコンポーネントで一風変わったプレイ感だ。





■ブルーライオン

男怪盗と女怪盗に分かれて、それぞれのカードを動かして
特定の配列にすることによって得点するゲーム。7点先取。
半分記憶、半分パズルといった感じ。
思わぬ一手に繋がったり、ぜんぜんだめだったり、
序盤は雲を掴む感じで、中盤からガチガチのアブストラクトって感じがする。
2人用対戦ゲームとして結構面白い。



最後に一人回し



■ラッタス

ねずみを誘導して地域でペストパンデミックを起こし合い、
最終的に生き残った自分のコマが一番多い人が勝ち。生き残りゲームだ。
一人回しした感じ、すこぶる面白い。
とにかく他者の足を引っ張り合うゲームなので、出る杭叩きになると思うんだけど、
各地でどんどんペストで死んでいくパニック感がたまらない。
早く人とやりたい。



そんなわけで先週から今週にかけて遊んだゲームでした。





[PR]
by souka_t | 2017-04-01 13:57 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2017 月曜更新第14回 2017 月曜更新第13回 >>