8/11 大船ボードゲーム夜会


半年に1度のエクスタシー!!!
やってきました大船最大のボードゲームイベント!!!
大船ボードゲーム夜会  ででーん!!


今回はコミケ初日と盆に被るということで
当初参加者が集まらないのでは!? という懸念がありましたが、
5人もの参加者が集まってくれましたー!!! 感謝雨アラレ。


いつもどおり2時間早く現地入りし、
ブックオフ大船店を視察してきました。
いやはや、どでかいですねあそこは。
ハードオフかホビーオフかってぐらい、玩具が充実してて驚きました。
ここ数年の戦隊やライダーのアイテムが多くキッズ客が
明らかに通常のブックオフより多いのが特徴的でした。
反面、ゲームソフトの揃えはまちまちだったかな、
ヤフオク出品中の張り紙が多かった。
大船に来たら、また寄ってみたいでぇす。


30分前に現地到着。
集会室でボドゲを並べて準備していると、
隣の集会室利用者でメンツ待ちしてるご老人が
室内に入ってきたーーーっ!!!

「これはなにすんの?」

というドストレートな質問に

「これボードゲームなんですよー マージャンみたいな、
大人でも楽しめる海外のゲームなんっすよー」

あれ・・・ この展開、以前にも・・・う・・・眩暈が。

よく見ると前回(半年前)に全く同じ質問をしてきたご老人じゃんかー!!!

「あんた、はじめてだね? いつも見ないし」

忘れてるーー!!! ご老人、半年前にボードゲームについて熱弁した
俺のこと、さっぱり真っ白に忘れてるーーーっ!!!!


再び海外ゲームのことや、最近流行りだしてることや、
テレビゲームとの違いなどなど散々語ったところで、
ご老人は感銘を受けて隣の集まりに帰っていった。

その後、プランE氏到着。
何からはじめか話していると・・・

「こんにちわー はじめましてー 遊びに来ました、
ボードゲームはじめてやります~」

今回の紅一点・ゆうもんさんが来た。
なんでも初めてボドゲをやるらしく、
この大船会が初のボドゲ会参加。






■キャプテンリノ

はじめてのボドゲと言ったらHABAでしょう。
そんなワケで定番のキャプテンリノ。
プランE氏もなにげに初リノだったらしく3人で大いに盛り上がる。

キャキャムフフと遊んでいると、
あ~るさんと、これまた初参加の木葉さん到着。
そのまま2回目のリノ。

バランスゲームは目に見えて楽しさが分かりやすく、
盛り上がりやすい。 ボドゲの入り口としてはかなり優秀な一品だ!!




■ザ・ゲーム

ショーナンが盛り上げたのなら、この俺もっと言わんばかりに
プランE氏が協力ゲームの傑作ザ・ゲームを取り出す。

2~99の手札カードを1と100の初期カードに昇順降順にひたすら並べていくゲームだ。
全員が一致協力して手札を出し切らなくてはならない。

「へえ~ こういうのもあるんですね~」

協力ゲーム初体験にゆうもんさんがひとしきり感銘を受けていた。




ルールはシンプルながら、出し切るとなると難しい。
今回はゲームオーバー。
かなり念密に話し合って出さないとクリアは難しそう。
結構良いゲームだった。
これまた初心者でも遊べる傑作だ。






■ブクブク

3ゲーム目はあ~るさんの持ち込みブクブク。
ルールはそこまで複雑ではないのだが、
ここ半年で3回遊んでるのに毎回ルールどんなだっけ? となる。

ゲーム自体は2枚オープンされた推移カードの押し付け合い。
手札を1枚づつ一斉に出し、数字が1番多い人が先に1枚取り、
2番手が次に取る。 ようするに2位になってはいけないゲームだ。





ターンごとに一番大きい推移カード所持者のライフが1つづつ減る。
このデスゲーム感はなかなかで、各人の思う勝負どころが相場値となる。
思惑が重なれば、僅差で2位を掴まされ、思惑の外に争点を置くと
ラクラク抜ける。 そういったプレイ感はハゲタカの餌食に似てる。

ラウンドポイント制で勝敗を決するため、人数分のラウンドをこなさなくてはならない。
今回は、12枚を出すx5ラウンド もやったのでちょっと冗長に感じた。





■お邪魔者

続いて正体隠匿ゲーム・お邪魔者。
5人プレイなのでお邪魔者は2人。

今絶賛世界大会国内予選中なので、旬に乗ってプレイしてみた。
通常の3ラウンドプレイで3回とも金鉱堀りチームの勝ち。

お邪魔者側も結構妨害して暴れてたけど、
今一歩。 ひさしぶりにやると結構お邪魔者側は難しく感じた。
ひとしきり金塊分配の勝利点システムに難癖をつけるあ~るさんが印象深い。
こまけぇこと気にするとモテないぜっ!!







■TIEFE TASCHEN

ここから4人になり、交渉ゲーム。
タイトルがなんて読むのかよくわからない。
だが今日一のゲームは間違いなくコレ。

プランE氏が海外から密輸してきたゲームで、国内では発売してない。

内容は、手番プレーヤが大統領となり、
プレイ人数分のマネーカードを引き、それの分配案を提示する。
他のプレーヤはそのマネー分配に賛成か反対かを話し合って決める。
その際に賄賂を提示したりできる。




これはすこぶる面白い!!
日本語版とか和訳付きで発売されたら欲しいかも。

交渉で反対しろとか賛成しろとか言い合うだけじゃなくて、
実際にその行動をしたら賄賂を受け取れるようになってるのが凄い。
イントリーゲから1歩進み出た感じすらした。
交渉がやや長引くのがネックだが、その交渉が楽しいんだから仕方がない。
ここ最近遊んだゲームの中では頭一つ抜けたおもしろさだった。 傑作

賄賂で票をコントロールするため悩ましく立ち回る木葉大統領が印象深かった!




■そっとおやすみ

お肉先生からお借りしたゲーム。
同じ帽子のカード4枚を集めて上がり。
誰かが上がったら他の人も早い者勝ちで上がれる。
最後に残った人が負け。
それだけ。
マニュアルで読むと、「んん?」という感じだが、
これがまた、プレイする様がコントのようで楽しい。
初プレイで見事に上がり損ねたオイシイ役をやってしまった。

慣れてくると場全体に気を張るので、一挙一動に敏感になる。
錬度が上がれば上がるほど最後の一人がわからないぐらい同時になる。
その様はかなりユカイ。 3人からっていうのが個人的にネックだが、
3人集まったらやっときたいゲームの1つになった。 これまた傑作だ。




そんなこんなで大船会でしたー。
参加してくれた方々ありがとうございます!!

次回はフリートコマンダー会です!!




[PR]
by souka_t | 2017-08-14 18:20 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 東大卒プロゲーマー 2017 月曜更新第33回 >>