【ボドゲ】思うにブタは2歩進む!

すごろくやさんで売ってたHABAの新作・思うにブタは2歩進む!の感想でっす。


タイトルからしてかなりキャッチーなゲームで、
ゲーム内容もかなりシンプル。
ブラフゲームのようなとにかく性格が如実に出るゲームです!




コンポーネントはこんな感じ。
競争するコースになってるボード、1~6の数字タイルと
木製コマ、そして点数になるりんごチップ。

セット内容からして非常にHABAい。





ゲームは、自分のコマを進ませてコース両端に詰まれた
りんごチップを4つ取ったら勝ち。

手番の人は1~6のタイルの1つを出して
隣の人に予想させる。
予想を外したら、予想した数だけ進める。
相手の予想が当たれば、相手がその数分進み手番も終了する。
5枚まで望む枚数予想させることができるが、
無論、多く予想させるほど的中率が上がる。
当てる方も、予想した分だけ相手を進めてしまうので、
安易に大きな数字を宣言できない。

シンプルながらこのジレンマはなかなかよくできている!



結構ハイテンポで進行するので
4~5回つづけてプレイしてみた。

当てる側が悩ましい。 自分の最終的な結論としては、
初手・二手目は1で様子見して確率を上げた3手目4手目で勝負に出る。
この方針でやると、相手は序盤に23あたりを切ってくる。
1を刻むから安易に1を出してこない。
すると、2を当てたくなってくる。
思うにブタは2を出してくる!!

やり込んでタイトルの意味がよおく分かりました。 傑作です。



青ブタコマの背中に顔がうっすら映ってる!
他コマが重なって移っちゃったのかな?と思ったけど、
この顔は青ブタの顔、すなわちコマの表面。
なので重なりようがない。 ネタなのか はたまた印刷関連でトラぶったのか
謎が謎を呼ぶ顔面背後霊。








[PR]
by souka_t | 2017-08-02 18:00 | ボードゲーム | Comments(0)
<< グラム氏によるテレキネシス七夕... 2017 月曜更新第31回 >>