グラム氏による第27回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想

グラム氏による第27回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。





■最新作テスト
ショーナンロケッティアズ、最新作のテスト。拡大再生産。2戦テストしてもらって、感想をもらいました。




■さんマニア
ラベンスバーガー社、2016年作品。ルールに従ってカードを配置し、縦3色が揃ったら除去してボーナス、横3枚が揃ったらボーナス。パズル的で個人的には好み。






■酒魅人
スーパーナンバーワンゲームスさん、2017春の話題作。日本酒造り7工程の、かなり悩ましい競りゲー。出来映え最高は三年熟成「真と幻」、盛り上がった名前は大吟醸「桃姫(ピーチひめ)」。






■アーカムリチュアル
NinjaStarGamesからの新作。自分のカードだけがわからない状態で、カードを交換しながら、SAN値低下を避けてラウンド終了のタイミングを計る。判断が難しい。





■キュウレンジャークイズ
今週12号ロボが発売された食玩キュウボイジャーで、星座モチーフ当てクイズ。星座がマイナーなイエローやグリーン、モチーフから乖離したデザインのゴールドや12人目がやはり難問。





■トランスアメリカ
WinningMoves、2002年作品。アメリカに鉄道網を敷き、目的の5都市を繋ぐ。それぞれ伸ばしていた線路が繋がると共有の路線に。カード運が大きく、拡張の専用線路は必須か。



プレイ評/グラム



[PR]
by souka_t | 2017-07-30 06:03 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2017 月曜更新第31回 ボードゲーム夏会 >>