【ボードゲーム】バランスアイスキューブ

久々の個別レビュー。
ダイソーからまさかの一品として昨今騒がれた"バランスアイスキューブ"です。

ボックスの右上に500とあるように、
100均一ダイソーの中でもちょっと特殊な500円ゲームシリーズみたい。
この他にも300円ゲームシリーズがあって、以前バックギャモンも買いました。
あれもわりと良かったけど、100円シリーズのモノポリーコピーのゲームは
コンポーネントが紙っぺらで値段相応だった。



さて、ダイソー500円シリーズはいかほどか!




中身はプラパーツと軟質樹脂っぽい地面パーツ、なかなかにして豪華。
コンポーネントだけ見て1000円と言われても、納得しちゃうかも。
軟質パーツは若干造形が甘いものがあったけど、ちょっと多めに入ってたから問題なし。







組み立てるとこんな感じ。
地面の六角形パーツを埋めるのはそこそこ手間ですが、
対人の時は雑談でもしながらやればすぐでしょう。




ルーレット。
造りが単純なためかちょっと回すのにコツがいる。






ハンマーは2つ付いてる。
そこは交代で使えるから1本でよくない?と思ってしまうんですが、
ハンマーを常に持つとゲームへの投入感や熱中感が違うとかこだわりがあるのかも。


ゲームのルールは
お互い代わりばんこでルーレットを回し、
指定された地面パーツをハンマーで叩き落す。
ペンギンを倒すか落としたら負け。





そして実際に何度かプレイしてみました。


これは盛り上がる。
ルールが単純であること、倒壊がダイナミックであること、
端から見ても100%その楽しさが伝わること、
それらが完璧過ぎるほどのパーティーゲームにしてる。

やっぱりバランスゲームは倒壊のインパクトが大事ですよね。
ウッドマンもかなり凄かったけど、これもそうとうインパクトがある。




初プレイで何度も遊んでしまった。
これなら普段ボードゲームやらない人でもウケそう。

ダイソーからまさかこんなのが出てくるとはねー。
元ねた(?)のゲームもあるみたいですが、
この価格でこれだけのものを出すダイソーは侮りがたいです。






[PR]
by souka_t | 2017-03-15 18:16 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 神宮寺三郎 灯火が消えぬ間に ... 柳家小三冶・居残り佐平次 >>