7/9 多摩市民館ゲーム会の感想

久々にオープン会いってきました。

行きの電車の中で女子小学生がハンドスピナーを回してました。
またたくまに広まりましたねアレ。
七里フリマにも業者が来てて格安で売ってるし、なんでも
お祭りの的屋でもスピナークジとかあるそーで、
すごいねえ。ハンドスピナーは2017を象徴するブームの1つですねえ。

はい、それじゃゲームの感想いってみよ




■ナショナルエコノミーメセナ

ドンドコアクションが増えていくカツカツなワーカープレイスメント。
ワーカーにお賃金や食料を払い続ける系のワープラって
自分すんっっっげえニガテなんですけど、これはギリ許容。
建設のコストとワーカーに支払うコストが別で、
ワーカーに支払うコストがどんどん共有の銀行にプールされていく部分が独特。
売却した建物が共有アクションになるので毎度プレイ感に変化があり、
リプレイ生が高い。 
時間が許すなら3回ぐらい立て続けにプレイしても良かったかな。









■ウサギの新作

拙作、順当に出展が決まればゲムマ秋に出します。
いままでのウサギシリーズに比べると、不確定要素を極限にまで削ってるので
ゲーマーズゲーム寄りです。
「短時間ゲーマーズゲーム」 これこそが私の答えです。
みなさんおたのしみに!






■センチュリースパイスロード

昨今の話題作。
カードで物資変換を繰り返して、お題カードを獲得していくアレやソレ。
あー宝石のは煌きっぽいと言われてるけど、確かにそれ系。
デッキ構築というか手札構築要素がキモで、
いかに相手より効率の良い変換システムを構築して
物資を手早く回すかを競うゲーム。
物資をこねくり回すのは楽しいんだけど、中盤までについた差は
もう取り戻しようが無いかな。
自分はコンボが複雑なドミニオンって感じだった。むずかしー






■ケルトタイル

石を引いて、昇順か降順に並べていくゲーム。
多人数で遊ぶならパリピに一喜一憂するのが理想。
例えば、インカの黄金
例えば、ダンジョンオブマンダム
例えば、カルカソンヌ

ケルトタイルはその系統の中でも良質な一品で、
判断どころがあり点数的なジレンマあり、大いに運あり。
そしてなによりプレイ時間が短く、インストもセッティングもラク。

これは別途レビューあるかも。








■メディチカードゲーム

メディチもっていこうと思って、あ、やっぱりインストめんどくせえから
メディチカードゲームもっていくかーってなりません? わたしはなります。
という訳で、もういろんなとこもっていって遊んでるんだけど、
細かいところ毎回ルールミスしてるね。
順位点って船・品物ごと一律で決まってるんじゃねーのかよー、
船・品物・独占の各点数がマニュアル内にバラバラに表記してあるから
いけねえんだよなー、まとめてサマるかー。




他、テストモデルも回しまくって
その場で修正を繰り返して大分来年用のゲーム開発が進みましタ。

植民地戦争さんのとこのゲーム会はゲムマ参加者が多いため
比較的テストプレイしやすいので、テストプレイ希望の方にもオススメです。
秋の新作を制作中の方は是非参加してみてくださいー。







[PR]
by souka_t | 2017-07-10 11:42 | ボードゲーム | Comments(0)
<< NT2017年8月号 FSS感想 2017 月曜更新第28回 >>