にくけっと&小ボドゲ会

売り子手伝いで「にくけっと」というイベントに行ってきました。
ぽっちゃりとかマッチョとかケモノ系が集まるオンリーイベントってやつです。
オンリーはかなり久々で、最後に参加したのは6~7年前の
レトロゲームオンリーのゲームレジェンドだったかなー。
あれは馴染みのある分野だったけど、今回は恐る恐る参加ですよ。
果たしてどんなイベントなんだろう、と。

まず驚いたのは、実写CDROMサークルが意外と多かったことと、
レイヤーさんも結構会場内にいたこと。
10周年記念会だったこともあってか、約30サークルという規模にしては
かなり一般参加者がいたこと。 ニッチな分野と思いきや、
潜在的な需要が大きそうと思いました。

同人誌即売会はやっぱりこの規模がちょうどいいかも。
たまにはオンリー会もいいすね。


運営から10周年記念品のてぬぐいも頂きましたー。

だいたい昼ごろには完売したので午後には撤収。




その後、ガキが多そうな公園でガキ見酒を決行。
ケンタを肴に、ビール!!!
きゃきゃむふふと走り回り飛び回るキッズどもを見ながら飲み食い。

目の前でペアルックの兄妹キッズがスマホの動画をみせっこしていたのが
現代的で印象に残った。他にも海外のキッズがレジャーシート上で
フリーダムに暴れまわってたり、ひたすら全力疾走するアスリート系キッズも
なかなか味わい深い。

良いですガキ見酒。

そのうちガキ見ボードゲームも実行したいと思います。


続いて某所にて小ゲーム会




■シャンデラファンタジー 肥満化双六

にくけっとでの戦利品を遊んできました。
まさかのボードゲーム、にくけっと内では唯一のボドゲ!?

しっかりした萬印堂ボードに
カードやマーカー、リプレイログが収録されたCDロム、
なにげに豪華なコンポーネント、これは期待せざるをえない!!!!





ゲームはキャラクターを1人決め、
あとはダイスでコマを進めるだけ!! 超カンタン!!

ボードのマス目には様々なデブ化トラップがあり、
ひたすら自キャラの体重が増加していく!!

ゴールまでに500キロを肥えたら脱落。
肥える前にゴールすれば勝利。




なんとか486キロというギリギリでゴール。


しかしながら、
にくけっとの参加者の趣向からすると、
500キロをオーバーしなかった場合の方がバッドエンドなのでは?

勝利とは何か?を考えさせられる哲学ゲームでした。





■奉天1905

ゲムマで出した拙作。 作者自らひさびさのプレイ。
このゲーム、初動は過去最高の40個以上という物凄い売れ方をしたわりに
まったくプレイした話を聞かない。 半分以下のブラアウリアの方が
まだ話に上がるので、やっぱりミリタリ系って感想が上がり難いっぽい。
でも売れるんだよなあコレ系、ふしぎと売れる。
俺ぐらい同人が長いと、なんにせよ手元に無くなるぐらい売れたから
よしとして次作ろう、となる。 そんなわけでもう次のを作ってる。

ちなみに今回のプレイは、
日本軍の猛攻・オフェシブジャパンが決まり
日本軍第三軍が奉天に到達し勝利。




2戦目。
ロシア軍タートル戦法・まもロシアが決まり、
日本軍被害甚大で撤退。 ロシア軍勝利。

写真見て気づいたが、マップが上下逆でプレイしてるなこれ。


プレイ時間短いから、みんなも遊んでネ。





■陰陽賽

以前から気になってたゲーム。
ダイスを巾着から取ってスタンバらせるか、
スタンバってるダイスを盤面に投入するか、
盤面のダイスを動かす。
全ダイスが盤面に投入されたら終了となり、
上から見たダイス目と横から見た目で決算を行う。

プレイ自体はシンプルで、
ダイスの移動時に転がっていくギミックは面白い。
点数になる担当の色がお互い分からない秘匿要素も味わい深く、
読み合いを楽しくしてる。
が、決算方法がかなり独特でちょっと計算が面倒であった。

ダイスの動きが式神を使役している感じがして良い。





■サンクトペテルブルク 第二版

5回やって3回ルールを間違えて
4~5回目でようやく正しいルールで遊べた。

これはかなり楽しい。
いつお買い物をするか、というお金の使いどころを決断する
ゲームなんだけど、基本ルールだと例外処理が少なくて凄くいい、
ゲームがキレイ。

貴族買いプレイがかなり強力だと言われているけど
まさにその通りで、それが分かっていてもさほど楽しさは
損なわれないと思う。 買ってバンバンお金が入ってくる
ザ。拡大再生産的な爽快さが良すぎる。

貴族ボーナスに修正を加えれば基本ルールでも
まだまだ遊べる気がする。 独自拡張やるかーっ


更に新版ルールと拡張がどっさりあるから、
しばらくこれだけでもあそべそう。 もっとやりたいなあ。






[PR]
by souka_t | 2017-06-15 09:05 | ボードゲーム | Comments(0)
<< あじさい グラム氏による第24回埼玉ゲー... >>