グラム氏による第24回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想

グラム氏による第24回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。






■TOKYO HIGHWAY
ITTENさんの、ゲームマーケット2016秋作品。話題作。道路建設アクション、一定のルールに従って自分の車を置き切った方の勝ち。オンリーワンの見た目。






■ウサギのロストレガシー:聖杯探索
開発中拙作のテスト。遊んでもらって、感想をもらいました。難易度は低めですが、ストーリーを楽しむゲームとしてはこれで良さそう。






■トドメ騎士団
インスタント・インストさんの、ゲームマーケット2017春新作。協力してモンスターと戦い、トドメを刺したら得点。アートワークが良いです。








■ドワーフのネックレス工房
Power9Gamesさんの、ゲームマーケット2017春新作。カード効果で実際のネックレスを作成。1ターン2ターン先まで考える必要があり、かなり重め。






■文絵のために
カナイ製作所さんの、ゲームマーケット2017春新作。テスト版。幼馴染の死を回避するループ物。カナイさん本人のインストで、偶然ベストエンドに到達。







■横暴編集長
ジャンクションさんの、本のタイトルを作るゲーム。父親と刑事を両立させる主人公の「デカ時々オトン」が採用。一番読みたかったのは植物図鑑「地球の木」。






■8ビットモックアップ
さとーふぁみりあさんの、ゲームマーケット2017春新作。同じ順番で出てくるタイルで、それぞれが違う地形を創造。わかりやすく、軽くて良いです。






■マギアルマ
T.A.WORKSさんの、ゲームマーケット2017春新作。話題作。リアルタイムキューブ積みアクション。3×3に積むカードが簡単な割に効果が大きく、初手で撃ってみるのが定石か。







■バランスアイスキューブ
ダイソー製アクションゲーム。疲れていても遊べる。氷床をこれ以上落とせないまで落とせました。







■BRIGHTEN THE LIFE
YbYGamesさんの2014年作品。担当生物を進化させて対戦。放射線耐性を持つ原生生物だったので、高線量放射線を繰り返し場を荒らすプレイ。






■キングオブトーキョー
怪獣がトーキョーで名声を得る対戦ダイスゲーム。研究所生まれで巨大頭脳とトゲ尻尾を搭載したロブ、三叉鉾と装甲を持つメガシャーク、煙幕と縮小光線を使うブギーウギー。
メガシャークが奇襲を成功させロブを撃破。信者を集めながら三叉鉾で執拗に攻撃するメガシャークを、ブギーウギーが縮小光線とベッド下の怪物でダイス数を抑えて撃破。



プレイ評/グラム






[PR]
by souka_t | 2017-06-11 05:42 | ボードゲーム | Comments(0)
<< にくけっと&小ボドゲ会 2017 月曜更新第24回 >>