ハムスター秘密基地

久々の単品レビューは
HABAの ハムスター秘密基地。

ネズミたちが地上に生える作物を秘密基地の貯蔵庫へと運ぶ
協力ゲームだ。
なんとソロプレイにも対応している。





ボード表面には凹凸があり、その1つ1つがマス目で
区画内を移動する乗り物は、ごっこ遊びを演出するギミックになってる。
中にはゲームとは関係ない区画もあったりする。
秘密基地全体は絶妙に文明の利器に埋もれたネズミたちの
生活が垣間見れるアートワークとなっている。凄く良い。


ゲームルールも至極簡単。
プレーヤーのネズミをダイスロールで進め、
地上3箇所から作物を取り、それぞれ専用の貯蔵庫へと持ち帰る。
バケツリレーの要領で効率よく作物を運ぶこともでき、協力要素ともなっている。


アートもルールもほのぼのとした本作、
果たしてクリア難度はいかに。

以下、二人用でクリアするまでの記録



1回目。

作物2種類は運びきったものの、
3種類目の最後の1つが貯蔵庫に間に合わずタイムオーバー。
ゲーム上では1ターン過ぎるごとに木の葉が落ち、
冬眠しているハリネズミの元に溜まっていく。
ハリネズミが目覚めてしまったらゲームオーバー。
ハリネズミのコマもあったりこのあたりの設定も非常に凝ってる。





2回目。

またもや最後の1つが間に合わず。
ダイス運悪く、連携できそうな場面にもめぐまれず、
なかなか苦戦。 結構シビアだぞ





3回目。
またまたラスト1個を運搬中に終了。
これはなかなかギリギリの調整で作られてる。
わりと連携を取ったものの、わずかなダイス運でクリアならず。
HABAって意外とこういう調整するのかっ まぢ驚いた。


4~5回目は
ダイス目で1を連続で出したため協議終了。
このゲームのダイスは112334なのだが、
1を4~5回出したらクリアはゼツボー的になる。



6回目。

ダイス運が爆発し、4の目頻発。積極的にリレー連携も行い、
3ターンも余裕を残してクリア。
ダイス運が良い時に勢いに乗ればクリアできる。
逆にかなり乗れてないとクリアできない むずかしい!!



見た目から想像できないほどクリアするのは難しい。
たぶん、キッズがすぐにクリアして飽きさせないために
ややギリギリの難易度にしたんじゃないかなと思う。

が、しかし、マニュアルには
慣れてきたら制限時間である葉っぱタイルを減らして
プレイして下さい、とある。
通常ですらギリギリなのにこれは正気の沙汰じゃない。


細かいルールにやや曖昧な点があるので
今回クリアするにあたって以下の
ローカルルールを採用した。
・ニンジンは地上に出なくても真下の区画から取れる
・受け渡しは持ってない側からも取れる

これでもそーとーキビシかったので、
個人的にダイス目122334でプレイしても良いと思う。

自分も協力ゲームを制作したことがあるだけに、
キッズ向け協力ゲームの調整に関してすごく考えさせられるゲームだった。
海外ではどんな評判なんだろう? 気になる~ 
わりと根気強いのかしら海外のキッズ達。


ボードなどのコンポーネントは
もうHABAを具現化したような素晴らしいものになってるので
HABAコレクターは手元に置いときたい一品だ。
ソロプレイに対応してるのも良いね。




[PR]
by souka_t | 2017-06-08 13:04 | ボードゲーム | Comments(0)
<< ショーナンTシャツ2017年・... 宇宙船ビーグル号 >>