1/14ボドゲ宅会

女子会またやりましょう、という流れから、
「いおにゃんご結婚」という衝撃ニュースが走り、
皆が皆、あいつノンケだったのか!!と驚愕して
都内某所にて宅会と相成りました。 なんだそりゃ



まずはお土産物ラッシュとティータイム




とくに最後の紅茶、これが凄いキャラメルラテのにおいを放っていたんだけど、
飲むとアッサリな紅茶、ふしぎ!!





■コンプレット

じゃあそろそろゲームやるか、と
最初は手軽く数字ならべと洒落込んでコンプレット。
基本は数字が高い順に一列並べるだけだが、
とれるであろう数字のためにどれだけ間隔を空けておくかが悩ましく、
6を9、18を81として、ひっくり返して扱えるというルールも面白い。

ところで、これで簡易ニムトもできるんじゃない?






■たのめナイン

居酒屋でじゃんじゃん注文して行き、キリがいい総額に達したところで
お支払いを押し付けるゲーム。 テーマの時点でだいぶ楽しい。
カード内容も定番な居酒屋メニューで、まずは生中!とか、肉食おう肉!
といった具合にそのまま居酒屋のノリで遊べるところが非常に良い。
2000円・3000円とキリのいいところでマイナス点の引取りとなるお支払いが
発生するところもユニークで、場に同じものを出せないというルールも
上手く会計を回避する算段ができて面白く作用してる。
なにげによくできたゲームだ!!



ルールは漫画になってる!!





■海底探検

オインク最高傑作。モロにプレーヤの性格がプレイングに表れる。
空気の総量が共有であるため、
誰かが欲を出すと全員が圧迫され、欲が伝染するとそれだけ増して苦しくなる。
そのため、やんちゃする人がいるほど大いに盛り上がる。
今回の第1ラウンドは全員がやんちゃ過ぎて酸欠全滅。




第2ラウンドは皆が皆勘所を掴んだせいか、全員帰還。





ファイナルラウンドはなんとか他者を出し抜きたい一心で
深海まで進行するも、1人だけ帰還して酸欠死亡。

人数多目でやると、酸素消費が激しく阿鼻叫喚になって楽しいね!!





■雲の上のユニコーン

ピンクHABAが示す女児ゲームの基準!!
超絶ゆるふわ!!!





やはりこのボード裏で点数カウントができるという配慮が凄い!!
数がかぞえられない女児でも安心です!!





■バトルシープ

羊たちが猛烈な縄張り争いを展開するアブい陣取りゲーム。
盤面を作り上げてから布陣してそこから移動を繰り返していくのだが、
できあがった盤面によっては初手の布陣で大きく有利不利が分かれそうな
危うさがある。





移動は直線で、移動する度に戦力を分散しなくてはならなく、
戦線が多方面に広がるとこの分布が悩ましい。
わりとサックリと終わる感じで面白かった。






■スノーマンション

正体隠匿バッティングゲームかな?
今回2~3回やって最後に正しいルールで遊べたと思う。
殺しにいくか、身を守ってしゃがむかの決断を繰り返す感じだが、
なんとNPCも存在し、NPCも殺害することができる。
内容が殺伐で、毎ラウンド高確率で誰か死ぬので、結構パリピ。






■戦国時代

ライナークニッツィアの戦国テーマのダイスゲーム。
前々から気になってたゲームだけど、
ものっすごくロールルールがこざっぱりしてた。
ナッシュとかと同様に誰かの目が荒ぶって、
一瞬で決着が付くのかなーと思いきや、
激しく城の取り合いが発生し、まさに戦国だった。






■シュラバンバン

同人誌の入稿にスポットを当てたドラフトゲーム。
コンポーネントの種類が多く、ところどころにネタが仕込まれている。
一度でも同人誌を作った経験があると、ゲームの工程もすんなり頭に入りそう。





極道ゴロ金持ち同人作家になりました。
ゲームの最後はこんな具合にステータスが完成し、
それぞれにエンディングが用意されている。

"予定通り本を完成させるのは容易いことではない"という
妙なリアリティを演出しているところにグッとくるものがありました。





■キャトリコラ

フィールドに群がる動物たちを連れ去ってくるゲーム。
磁石で取るギミックが豪快で愉快、キッズも楽しめそう。
大仕掛けの反面、ツガイや狼の捕食といった得点面が結構悩ましく、
なかなか計画性を要し、熟練度があがると盤面や相手の磁石形との
睨めっこになりそうだ。






■メディチカードゲーム

そこそこ人数の幅が利くので、最近よく回ってますメディチカードゲーム。
要素がそんなに多くないのでインストしやすいところも良い。
個人的には紫背景のカードが引き運要素を強めすぎてないかとも思うけど、
どうだろう~。 今年まだまだ回す機会ありそう。





■ビブリオス

久しぶりに回した、配分と競りの二部構成ゲーム。
数年ぶりにやったけど、やっぱりおもしろいなこれ。
色ごとのカード構成サマリーがあれば初見でもいけそうな気がしてきた。
機会があれば作ろうと思う。






あくる日、すごろくや行ってきましたー。
いくつかゲームを購入したので、後日紹介しまっす。

お買い物の後は再びゲーム



■タピオカミルクティー

シェイカーが付属する一風変わったゲーム。
シェイカーでロール下ダイスのお題に従い、
透明なシートを重ねてお題通りの構成を完成させる。
言うなればウボンゴのようなパズルゲームなのだが、
お題はダイスで自動生成するタイプと
カードを引いてレベルごとの難度でお題に挑むタイプと
選択して遊べるスグレモノ。 
やればやるほど熟練度が上がるので白熱する!!







■ロイヤルズ

シンプルなカードプレイを軸とした西欧諸国のマジョリティの取り合い。
こだちゃんちでやらせてもらった時すこぶる楽しかったのでこの前購入。
当初2人では盤面が広過ぎるかと思いきや、後半は統一ボーナスを取るため
それなりに取り合いが発生して盛り上がった。 やっぱりいいゲームだワ~。いちおし



そんなぐあいにいろいろ遊びましたー
次回はゲームカフェあたりでゲーム会しようかなあと思ってまっす。




[PR]
by souka_t | 2017-01-21 12:03 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 腰越・津 宝善院落語会 【湘南グルメ】ハニービー >>