グラム氏による第21回埼玉ゲーム会の一言感想

グラム氏による第21回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。



■新作テスト
ショーナンロケッティアズ最新作のテスト。初見で遊んでもらったところ、4つの得点源をうまく取り合って接戦。システムは完成しているようです。






■ALTER
遊坊やさん、2016秋の新作(ガーデンゲームズさんに委託)の500円ゲーム。未来を視るか変えるかの二行動で、軽く遊べて好評。カード質が悪いものの、ほとんど手に持たないゲームなのであまり気になりません。






■SAN_GE hotarubi(サンゲ ホタルビ)
ADGさん、2016秋の新作。花園を作り蛍を探すアクションゲーム。今回の「見て即座に購入を決意した」枠。花カードを落とす段階で出遅れても、蛍の群れを発見できれば逆転できます。







■スワンデート
decmeeさん、2015秋作品。井の頭公園でスワンボートに乗って写真を撮る2人協力。今回は3ヶ所目での弁天様の妨害が激しく、5ヶ所目に着いてすぐ山札切れ。それでも「負け」というわけでもなく、結果で占いができるのも良いです。





■バハムートゲート+拡張Attack from Hades
かぼへるさん、2016春(基本)、2016秋(拡張)の作品。vsバハムートで拡張イージーモードを適用、ある程度余裕を持ってクリア。拡張ボスのケルベロス・ノーマルモードではあと2手ほど足りず敗北。






■インフェルノ
元は2005年のクニツィア作、今年の新版。1枚目と同じスートか数を出せなかったらマイナス点、UNOのような軽いプレイ感でした。






■すずめのお宿
うなぎのものさしさん、2016秋の新作。6つの宿を取り合うバッティングゲーム。コンポーネントがかわいい反面、得点を稼ぐにはある程度バッティングさせて仲間を増やす必要があるようです。




ゲーム評/グラム





[PR]
by souka_t | 2016-12-18 05:50 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2016年 月曜更新第50回 【湘南グルメ】春水堂 >>