三国志11 袁紹プレイその2
前回は長い下見だったので2回目の今回が本番!
コツはもう分かったぜ!!





最序盤

戦争のコツを掴んだので、積極的に華北統一を押し進める。
今回は公孫賛の一族が丸々配下に加わったので、
騎兵戦略が加速。 序盤からガンガン馬を買って騎兵で短期決戦!





序盤ハイライトの僕陽決戦。
迫り来るトウタク軍を曹操と協力し打ち破った。

正直かなり危険な戦いであったが、この後トウタク軍は息切れを見せ
劣勢に陥っていく。




反撃で劉備軍と協力し陳留を攻略。
ここを足がかりに洛陽と長安も制圧した。

曹操・劉備ともども強力な武将と層の厚い人材を抱えるため、
できるだけ外交でよしみを結んできたが、
共通の敵であるトウタク軍と完全に遮断してしまったため
この辺りから面倒な存在となる。




西進を断念せざるをえない曹操軍は南下を始め
汝南攻略に乗り出す。
その戦いに目をつけた我が軍は騎兵機動部隊を即座に派遣し
この戦いに介入し、まんまと汝南を奪う。





中盤

完全に勢いを得た袁紹軍。
ここまで外交で飼いならしてきた劉備・曹操を
そろそろ潰そうと画策。





平原大決戦。
5万以上の大軍勢を平原一国に蓄え込む劉備に対して、
南波・業の二箇所から5万づつの大軍勢を率いて侵攻。
名将が多い劉備軍は南波側の侵攻軍を圧倒するが、
業側からの挟撃に耐え切れず壊滅。激しい戦いだった。

この後、劉備攻略に加わった精鋭部隊は
南下し曹操軍も圧倒。





全土の過半数を手中に収める。
いよいよ王者の戦いが始まり、4つの方面軍に分かれ
最後の戦いの準備を進めた。


だがこの時、袁紹の寿命は尽きた。
息子 袁照 が跡を継ぐ。






献帝には退位していただき、袁家の二代目が即位。
国号は「燕」






一方その頃、孫堅軍と劉焉軍が
永安周辺で激しい戦いを繰り広げていた。

これを見て、まずはトウタクの残党を片付け、
しかるのち劉・孫いずれか疲弊した方を攻める大方針が決定。





終盤開始。

トウタクの残党は脆弱で西涼をまたたくまに平らげた。

残る2つの勢力は互いに争い、一進一退を見せるも、
孫軍側から外交の使者が現れ一時のよしみを結ぶ。
これにより劉軍を成都まで押し下げることを決定し、
南西征伐開始。



南西後、五虎将の任命式があった。
これに勢いを得て、成都に大軍を常駐し劉軍と対峙しつつ、
荊州攻略戦を開始。





ここまでくると力技。
ひたすら押す 後ろから物資を持ってくる 押す 物資を持ってくる 押す
の繰り返し。





という訳で見事クリアしましたー。
いやー楽しかったです三国志11。

全体的なシステムは軍事内政を1マップに集約した感じで、
信長将星録にめちゃくちゃ似てますね。
序盤の小競り合いから中盤以降の技術力による力押しにシフトするあたり
面白い設計。 昔の武力絶対主義からうってかわって技術力で個人性能をカンタンに
凌駕してしまうのは個人的に好きな調整。
技術力が低い勢力にいる呂布は全く怖くないネ。

個別武将スキルはかなり飽和していて、ちょっと把握するの面倒だけど
それぞれの個性を引き立たせることには成功してる感じ。

軍団委任もそれなりに働くから結構使えた。
遊びやすさも文句なしかな。

全体的に好みなコーエーかも。
三国志11かなり面白かったです!!




[PR]
by souka_t | 2016-11-30 18:03 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< グラム氏による11月に遊んだゲ... 2016年 月曜更新第48回 >>