【漫画】機動戦士ガンダム バニシングマシン

タカダ博士から頂いた
機動戦士ガンダム バニシングマシン を読みました。


宇宙世紀系主に初代~Zあたりの試験機や限定的な任務用の機体や
制圧兵が扱う通常兵器などにスポットを当てた漫画。

この一切のドラマを廃して矢継ぎ早に
機体を紹介するスタイル、大好きです。
叩き台になったプロトタイプとか、兵器そのものが好きな人にとっては
興奮モノで、むしろ、機体の存在そのものがドラマなんですよね。
いろいろと後付とはいえ、隙間を縫うようにして作り出される設定は、
よくできたガンダムフォーマットゆえの面白味であります。

自分がゾイド(玩具展開の方の)を好きな理由も、
こういった開発競争を前面に出してるからで、
その隙間を妄想してオリジナル機体を製作する遊びこそが、
最高に男の子の楽しみ方であると思います。








[PR]
by souka_t | 2016-11-18 11:36 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
<< 「物と心の整理術」講座いってき... 2016年 月曜更新第46回 >>