アーリエル クリスタル伝説 クリア感想


セガのSRPGと言えば、メガドライブのシャイニングフォースか忍者武雷伝説てすが、
ゲームギアにも意外な傑作があります。

アーリエル クリスタル伝説


モンスターメーカーで御馴染みの九月姫がデザインした
キャラクターたちが特徴のSRPGです。
全16ステージで難易度はこのテのゲームにしてはやや簡単。
しかも、テンポがかなり良いのでサクサク進みます。

システム的にユニークな点は、
敵の正体が最初分からないちょっとした索敵要素と、
マップ上のモンスターを倒すと捕らえて戦わせることができる捕縛システム。
前者は後半になるほど二方面作戦を取る場面が多くなるので、
前線にどんな属性の敵が迫ってるのか事前に魔法で確認することが重要となる。
後者は前半が主で、属性が食い違った敵に有利な属性のモンスターを当てることで
だいぶ攻略が楽になる。 後半になるとモンスターのオワコン化が進み、
一撃をしのいでくれたらラッキー程度の盾代わりにしかならない。

当時の携帯ハードのゲームにしてはかなり趣のあるゲームで、
戦闘ステージ以外は最低限で簡素な造りであるものの、
ゲームテンポには目を見張るほどのものがあります。
レスポンス・マップの広さ・敵思考時間・インターミッション、
どれも適度であり、面倒くささが全くない。

非常に快適に遊べた反面、
もうちょっとイヂワルでもいいんだよ
もうちょっと隠し要素があってもいいんだよ(ないよね?)

などと、よりチャレンジングな次回作を期待してしまうのだが、
如何せん続編はでなかったようだ。
惜しい、実に惜しい。 結構面白いだけに。












[PR]
by souka_t | 2016-10-13 23:26 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 2016年 月曜更新第42回 ウサギの缶バッジ第二段 >>