グラム氏による第20回埼玉ゲーム会の一言感想
グラム氏による第20回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。




■新作テスト
ショーナンロケッティアズ最新作のテスト。システム面ができているので、初見で遊んでもらってどんなテーマを連想したか聞かせてもらいました。






■戦場のヴァルキリー
みさき工房さん、春の新作。モニター当選したので3人で1プレイ。長すぎないプレイ時間で、しっかりボードゲームを遊んだ感覚。ちゃんとヴァルキリーとして働いている感がありました。








■真打
JUGAME STUDIOさんの最新作。9回の落語会で芸を競う。今回は百年目と居残り佐平治を十八番とする落語家になれました。システムに落語っぽさは少なめですが、それを補って余りあるアートワークが良いです。プレイヤーマーカーを得点ボードに出してしまうので、手元で色を示すコンポーネントがあるといいかもしれません。





■ダイスカーリング(仮)
ポプルスさんのダイストレイ割引企画で、ショーナンさんのデザインで作ってもらった一点物。試しに、ワンバウンドで投げ入れて、エリア点×出目が得点というルールで遊んでみました。




■ロックマン バトル&チェイス
CAPCOMの1997年プレイステーションソフト。ロックマンのバトルレースゲーム。前々から話していたので試しに遊んでもらいました。初見プレイヤーでもしっかりデッドヒート。




■ハコオンナ
EJIN研究所さんの、話題の新作。ハコオンナの館でのサバイバルホラー。ハコオンナのスタート地点をまとめて遠ざける事ができたのに加え、人形と亡骸が並んで置いてあったので成仏クリア。





■キングオブトーキョー+拡張パワーアップ
IELLOの名作ダイスパーティーゲーム。2プレイで、触手パンダにサイバーバニーの5点直接攻撃、伸縮自在と触手のギガザウルスが20点達成。なぜかうちのパンダカイは勝率が低いジンクス。




■きょうあくなまもの
Studio GGさんの、2015春作品。カード16枚の2人用名作。何度か遊んで面白かったので、最近入手しました。今回は対策カードを全て持った状態できょうあくなまものの召喚に成功。




プレイ評価/グラム





[PR]
by souka_t | 2016-10-10 08:26 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2016年 月曜更新第41回 NT2016年11月号 FSS感想 >>