NT2016年11月号 FSS感想

月刊FSSの感想行ってみよう。

扉絵はAP騎士の制服。
左二つはリッターピクトから再録、右がたぶん新規かな。
扉は特筆すべきネタは無し、しかし・・・





今回は凄い。
「ツラック隊 最後の戦い」のタイトルを打ち出しただけあって、
いよいよ大戦の開始と言わんばかりの勢い、
新GTM 新キャラ の嵐!!





国境付近に現れた敵GTMは、
バッハトマをはじめとして、ウモス・ロッゾ・ガマッシャーンの軍。

今回はファティマの索敵により次々と
敵戦力がマーカー表示されていく、デジタル的なミリタリック表現。
次々と報告されていく戦力がアツイ、滾る!!




敵GTMその数279騎。


唐突に大戦力を揃えて登場なワケだけど、
数回前にデコースが一気に攻め落とすには
数十年蓄えてから大戦力で一気に攻めると言ってた。
今回の各国の大戦力投入には何か裏がありそう。






ロッゾ帝国グロアッシュH型。

今回はこの他にも多数のGTMが登場。
その勇姿を本誌でチェックだ!!




ウラッツェンの兄ダックナードも登場!!
他にもウモス帝国やガマッシャーン共和国の人物達も登場。
魔導大戦後にジークが征伐に乗り出すドーマ連合についての伏線もアリ。
なにやら先々のエピソードのためにいろんな下準備が進んでるといった感じ。
今回はホントに情報量多い。




今回もっとも意味深な二人。
いよいよ登場バランシェファティマ・レレイスホト
そしてそのマスターで二代目黒騎士の孫・ナオ。

いろいろと新キャラが出てきましたが、
ツラック隊相手に果たして何人生き残るか?

なにやら次回も参戦キャラ紹介がつづきそうな予感。


それにしても、一番驚いたのは、
いきなりツラック隊エピソードの最終幕にすっ飛ばして、
意外とこのエピソード終わらせる気がありそうなところ。
久々の大決戦が見れそうでわくわくがとまりません!!











[PR]
by souka_t | 2016-10-08 22:50 | 描きつくれば漫画系 | Comments(0)
<< グラム氏による第20回埼玉ゲー... 【同人製作】ウサギの政略結婚 ... >>