【同人製作】ウサギの政略結婚 製作ノート1

2016年後期の作品にしてショーナンロケッティアズ33番目の作品。
ウサギの政略結婚です。


気づけばボードゲーム製作6年目、
6なだけにジューンブライドで結婚、
だからウサギの政略結婚!!

というわけじゃありません。
思い切り今考えました。


実は今回、システムから考えたので、
テーマは後付けだったりします。
自分最近はものすごーーくおぼろげで大まかなゲームイメージを決めてから
システムをこねくり回します。システムが完成してから
具体的なテーマをのせます。
例えば、
「2人戦闘モノにしよう」 から始まった煙血鋼撃
「サツバツでいこう」から始まった冷戦ペンギン
「女児になりてえ」から始まったシラストピア

こんな具合に折角自由奔放な同人なので
やりたい方向性をドンとはじめに押し立てるワケです。
それで、今回はどんなイメージからはじめたかと言うと

「ギスギスしないゲーム」


これまで明確にプレーヤーの勝敗を決してしまうものばかりを
デザインしてきたので、今回はプレーヤーの優劣を決めない、
競わないゲームを作ってみよう、という所からはじまりました。
理想を言えば、仲良くありたい人と遊び、遊び終わった後はもっと仲良くなる、
そういった勝ち負けを超越したモノを目指そうと思いましたが、
それはあまりに崇高な目標だったので、

安直に「2人用協力ゲーム」を作ることにしました。


30作品以上作ってきたものの、協力ゲームは初めてです。
これまで自分の中で協力ゲームに対して自分で製作するほどの
価値を見出せなかったのですが、2人用ゲームを多めに作ってる
うちに、2人用という縛りで協力ゲームというのも面白いと思える
ようになり、ギスギスしないというイメージにもぴったりハマるので、
初の挑戦に至りました。

協力ゲームの大御所といえばパンデミックですよね。
あんな具合に脅威が拡大していく中で、
なんらかの目標を達成するという大枠を元に、
システムを構築していきました。
この話は次回のシステム編で詳しく書くとして、
話はシステムが完成した後にテーマを乗せる段になります。

何のテーマを乗せるか物凄く悩みました。
初期案では食べ物系ゲームにしようと思い、
次から次へと運ばれてくるご馳走をどうにかするといった内容でした。
次の案はミリタリックで、敵の猛攻を防ぎつつ作戦を遂行するといったものでした。

ありふれてる
実にありふれてる!!

こんなありふれてるテーマを自由奔放な同人で作る意味は無く、
唯一無二のショーナンさんが作って良いテーマじゃないと思ったので、
ゲムマ春の頃はホントにどうするか考えに考えてました。

ゲーム自体の出来が大分良い感じになりそうだったので、
いっそのこと虎の子ウサギシリーズのテーマを乗せてみよう、となり、
自らが製作したウサギの設定資料・ウサギの本のウサギ年表から
まだゲーム化していない年代のネタを探し、いろいろと検討した結果、
ウサギ王国の王子とウサギ帝国の姫君が政略結婚をするイベントを
チョイスし、それをテーマとして乗せることとしました。
実はコレ、決めたのは女性で、
自分が年表範囲を狭めて、「ここからこの間でどのイベントがよさげと思う?」
と聞くと、"王子と姫君の婚姻"の部分を指定しました。
なるほど、そこをゲームにするか!!と目からウロコ。
おかげさまで新著ウサギの本4でその辺りの設定背景が
面白いことになりました。 こちらもお楽しみに。


この時はまだダイナスティが話題に上がってなかったので
「政略結婚というテーマはしてやったり!」と
内心ホクホクでしたが、よもや同じテーマが浮上してくるとはびっくり。
完璧に絵が上がった後だったので、ショーナンさん涙目です。
その珠玉のアートワークに関しては第三回あたりに語るとして、
第一回はこんなところでしょうか。
次回システム編



関連サイト






[PR]
by souka_t | 2016-10-05 21:55 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
<< NT2016年11月号 FSS感想 2016年 月曜更新第40回 >>