9/25 川崎多摩市ゲーム会で遊んだゲーム感想

向ヶ丘遊園までゲーム会にいってきました。


会場まで行く途中、変わった自動販売機を発見。




まず、変わったラインナップ。
自販に1つはあるであろうイロモノをごそっと集めた感じ。
それでいて低価格。
ヤマザキパン系列の自販だとよくある100円均一ですが、
ペットボトルモノまで100均一。




これは買わねばと、ファンタ・すいか+塩味をチョイス。
期間限定といえどもメロンとかパインとか鉄板安定で勝負する
イメージが強いファンタですが、これは大分攻めてますね。

それで飲んでみた感想は、
「確かに塩っぽさがある」
クセになるってほどではないにせよユニークな味わいだ。
ファンタ的には少しやっちまった系でしょうか。
まごうことなきキワモノでした。



■航海の時代

会場に着くと既に航海の時代がはじまってました。
非常に良いゲームです。自分もこのゲームにインスパイアされて
次回作を練ってます。





■ウサギの都市計画

拙作、ひさびさに注文を受け製造し、作者インストがてらに1プレイ。
プロット部分でのバッティングがそこそこ起こり、状況が揺らぐあたり
我ながら良く出来てる。 毎ターン自動的に効果を発揮する建物は
やはり最重要。 今やっても結構面白かったので、コマをガラスコマにして
トークンを結晶型にして再販もありかなーって気がしてきた。 






■12星座ゲーム

星座盤に数字コマを裏側で置いたり表側で置いたりして
盤1つ埋まったらオープンして数字の大きさで順で得点するゲーム。
星座を作るというテーマもさることながら、パワーバランスを考えて
コマを配置していくのが悩ましく面白い。
しかも、得点ルールがいやらしく、1位は2位以下からコマの数だけ
点数をボッシュートされる。ゆえに2位のほうが点数が美味しい時が多々ある。
そういう意味でもパワーバランスを測って配置しなくてはいけない。
最近の感覚だと、ちょっとこの得点ルールは悩まし過ぎるかなって
感じもするけど、大変面白かったです。




■ウシとロバ

大きい数字を1枚か複数枚出していくド定番なトリックテイキング
というか大貧民か。ウシカードが出されると一番大きい数字を出した人が
場に出たカードごと引き取る。
通常は高いカードでリードを取って手札を減らし、
ウシが出た時に取らないために小さい数字も温存するといった
二段構えの構造は面白い。
自分自身トリテの面白さを理解してない人なので書ける感想はそこまでかな。






■来年の新作(仮)

拙作テストプレイ。 以前はダウンタイム込みで1時間かかり
内容のわりに長いと思ったのでより大味に調整したところ
30分かからず終了。 ゲーム展開というか勝利点の購買時期が
ダイスにも関わってくるので、まだなんとも言えない調整。






■ジャイプル

もう一卓でテラが続いていたので、時間調整に二人でジャイプル。
やっぱサマリー作ってよかったわー インスト楽だわー。
ゲーム自体もラクダを軸にした商品獲得合戦が楽しい、そして展開スピーディー。
今年買ったゲームの中ではマイヒットの1つかも。
このラクダのように場を行き交って循環する所や
チップ早取り高得点がなんとなくドイツゲーっぽさを感じて好き。
3回やって勝負決めろの部分は今っぽくないからちょっと嫌い。





■ねことネズミの大レース

ひたすらダイスを振って自分のネズミを進めていくゲーム。
猫のダイス目が出たときは猫が動き出し、
同じマスにいるネズミを食い殺す!!
インストのために独りでまわした感じではわりとゴールできると思ったが、
フルメンバーの4人でやると全然違った。 死ぬ、まぢ死ぬ。
何を隠そう俺のねずみは猫に食い殺されて全滅した。
キッズに食物連鎖の壮絶さを教えるゲームだったよこれは!!





■イムホテップ

数学の設問で、荷物を運んで往復して何回目で必要量の荷物を現場に運べるか
ってカンジのやつあったじゃない? それ、まさしく数学の設問みたいなゲーム。
積むタイミング、積む部分、出向タイミングとタイミングにタイミングが重なるため
どうにもままならない印象が強いんだけど みんなはどう?
ゲーム自体は短めにまとめられててテンポ良しで今っぽさ全快で
ちょっと小奇麗過ぎないかってぐらい。






■王と枢機卿

エリアマジョリティ大先生。
チャイナはやったことあったんだけど、大本のこっちは初めて。
あー、この点数計算のこじらせっぷり、シャハトくせえ シャハトだぜこいつ シャハトの
悪い匂いがプンプンしてくるぜえ。 すこぶる悩ましくおもしれえ。
まずテーマがいいよね。ユーロ舞台、ユーロゲーだからユーロ舞台ってベタすぎねえ?
いいんだよ、こういうのでいいんだよ俺は大好き。
新版買おっかなあ~、ゲムマでゲーム売れたら買うから
みんなうちのゲーム予約よろしく(突然のダイレクトマーケテイング)





■テンキュウハイ

古典ゲームの1つテンキュウハイ、いよいよプレイ!!!
俺さ、中国の武侠ドラマめっっさ見る人なんで、
清朝あたりを舞台にした作品となるとテンキュウハイをよく見かけるわけよ。
わるーーいお役人たちが賭博するのね。あのアンダーグラウンドな雰囲気、
ちょっと憧れちゃうお年頃なんで、一度やってみたかったんですよねテンキューハイ。
いやあ シンプルだね、ルール自体はシンプル。
牌目が偏るとどうにもならないってところがヤバイ。
良い経験させていただきやしたーっ!!




■ワイルドバイキング

HABAの競りゲーといえばこれ。
ダイスを振って出た色の船にお宝が積まれていき、
おうちの目が出ると一番おうちに近い船のお宝を巡って
カード競りを行う。
ひじょーにカンタンながら、勝負どころを見定めてカードをぶち込む辺り
博徒のカンを働かせる感じなので、キッズが賭博のセンスを磨くゲーム
なのではという疑惑が俺の中で沸騰中。こいつはボ育てに必須だぜ






■樹ブロック

アンバランスな土台を用いたバランスゲーム。
どんどん積みあがり、どんどんいびつな積み方になっていき
そして最後に崩壊する。 まさにバランスゲーム。
ブロックがどれもいやらしい形状をしているため
どう積むかみんな悩ましそうだった。 そして意外と高くなるのがオモシロ




という具合にひさびさのオープン会でしたン。
来月もやるそうなので小田急沿いの方は是非参加してやってくださいませー。





[PR]
by souka_t | 2016-09-28 11:26 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【中野】ほおずき 激しく辛い担々麺 2016年 月曜更新第39回 >>