分解された男

虎よ虎よの次はコレだろってことで分解された男読了。
今回は図書館で借りず、避暑もかねて通って読破したので
写真はナシです。

エスパーがいたら世の中はこうなるっていうのがよく書けてた。
それだけでも充分面白いんですが、更に犯罪者と警察の
知略戦も大いに盛り上がり、序盤で散りばめられた伏線を
どう回収するのかワクワクしながら最後まで読めました。
傑作です。


以下少しネタバレ含む。




最初、大企業の社長がライバル企業の社長を
殺害することを決意する辺りがだいぶ強引というか
雑な理由付けだなあと思っていたんですが、
最後まで読むと、ああなるほどって感じで納得。
種明かしが心理クイズみたいだったのと、
エスパー側がやや反則的な手段に出るところは
ちょっと自分の趣向とはそれる部分でしたが、
殺人にいたる下準備や、警察側の執念ともいえる捜査など
全編に渡って見せ場が多く、虎よ!虎よ!の時と
同じぐらいいろんなアイデイアのフルコースを食べた気分です。
ラストの現代の極刑に一言申す的な部分も
最高にSFしてて良かったです。





[PR]
by souka_t | 2016-08-15 18:14 | 文学 | Comments(0)
<< 【プラモ】ガンダムAGE-1スパロー 2016年 月曜更新第33回 >>