第二回 大船ゲーム夜会でプレイしたゲーム感想

第一回ぶりの大船。
45周年ロゴが入ったモノレール5000系のイエローに乗りました。
14年ぐらいから稼動してたんですが、巡り合わせが悪く
いつもレッド乗ってたのでイエローは初。
去年はブラック今年はピンクが加わり
ここ数年はモノレールの世代交代が進んでます。





久々の大船でちょうどゲーム製作用の素材が不足していたので
ゲーム会前の買出し。LABI大船に立ち寄りました。

5階のダイソーがめちゃくちゃ広い!
広いし棚が密集してるしで品種がやたら多そうだった。
陳列し過ぎて見づらいという欠点はあるものの、
この多さは魅力。
4階のプラモ屋もガンプラの品揃えはかなり良かった。




折角なので大船商店街もひととおり見ておこうと思い、
駅前大通りから1つ外れた商店街通りをまっすぐ進む。
海鮮丼専門店にワインの見放題のピザ屋、リーズナブルなお値段で
スイーツを提供するカフェ、昔ながらのコロッケ惣菜屋、
バラエティ豊か。 新旧ごった煮な感じが藤沢あたりとはまた違った
魅力がある。 上の写真は駄菓子専門店のまちおか。



だいたい1時間前に大船学習センター入り。
2階の図書館で藤本ひとみのブルボンの封印を読みながら
時間をつぶし、30分前ぐらいに3階へ。
前日不運にも舌を噛み痛めてしまってたので洗面所で口内炎の
薬を塗りたくってから集会室へ。




■オキヤ

集会室に入ったらお掃除のおばちゃんに「まだ早い」と言われたので
廊下でE氏とオキヤ。
省スペースでルール少なく1ゲーム5分ちょい遊べる小粋な一品。
当ブログではいつの間にか定番ゲームの1つとなったが、
だいぶ使い込まれてきたのかコンポーネントに年季が入ってきた。
使い込まれ朽ちたゲームもまたアナログの魅力。





■ジャイプル

入室できる時間となったので、今度は室内でジャイプル。
前日にサマリーを自作したぐらい復習しておいたものの、
対人となるとなかなかどうして難しい。
ラクダを取りにいくタイミング、売却のタイミングが悩ましく、
待ち過ぎてもゲームはあっという間に終わる。
絶妙なサジ加減だ、これぐらいサックリ終わるサシゲーっていいね。





■インディゴ

サシってる間にだいぶ人が集まってきたので、ここで大箱インディゴ。
タイルを置き道を繋ぎ宝石を自分の得点ゾーンへと持っていくゲーム。
タイルを1つ置いていくだけというシンプルなプレイ、そして得点源の
宝石の動きが面白い。 今回ボードゲーム自体初めてという参加者も
いたので、まさにナイスチョイスでした。
これも展開が早くさっくり終わって良いですな~。






■スカイアイランド

年間ドイツゲーム賞エキスパート部門に輝いた旬なゲームをご賞味。
引いた3枚のタイルのうち2枚に自分で値段を付けて出品し、
順番に購入を決める。その後にカルカソンヌのようにタイルを組み合わせて
自らの国土を広げていくという 競り+カルカソンヌ的な絶妙な合わせ技。
ラウンド終了時の得点条件もゲームごとにランダムタイルなので
毎度違った展開が楽しめるみたい。 納得の受賞作でした。面白い!





■冷戦ペンギン

拙作。 別卓がもうちょっとで終わりそうだったので時間調整で冷戦。
慣れてくると一巡半ぐらいで決着がつくので、二巡以上したのは
久々にみた。 インスト込みで5~10分で終わるのでこういう時重宝します。
イエローサブマリンオンラインで買えるからみんな買ってネ!






■老師敬服 テスト版

豆界で有名なやざわ氏が今冬リリースを予定してる新作にして武侠作品。
素材を取る・弟子を取る育てる・技を習得するといったアクションを
弟子1人1人に割り当て、時として他者に敬服しアクションに相乗りする。
ヴァリアブルフェーズを派生進化させたような斬新なシステムが良い。
敬服し相乗りで効率良く物資を貯めるのは楽しかった。
ゲムマ秋の話題作になりそう!!




■八分帝国

ラストは短時間で濃厚な駆け引きが楽しめる八分帝国。
2年ぶりぐらいにプレイしたけど、やっぱり面白い。
8ラウンドのたった8アクションでエリアマジョリティとセットコレクトするって
めちゃくちゃ短く感じるんだけど、それが故に1手1手が悩ましく
使い切りの資金の投入も慎重になる。まさに濃厚な短期決戦。
傑作です。





今回イントリーゲが2バージョン揃うという珍事が!!
しかもプレイされず。

次の第三回大船会では東日本イントリーゲ選手権を開催したいと思います><
こぞって参加してください!!!! 12月までにあと1回やりたいっ






[PR]
by souka_t | 2016-07-23 10:09 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 【ゲーム】探偵神宮寺三郎 夢の... 芸能界ボードゲーム最強決定戦 ... >>