2016年 月曜更新第28回

月曜更新です。


まだまだ参加者募集しています。
ご近所周辺の方 ぜひぜひご参加くださいませ。



■めんどうくささの話

ゲームの話だよ。
ファミコンからPS2ぐらいかな、いや3までギリ入れちゃっていいのか、
管理することが多いとかできることが多いゲームって総じて愛されてた
気がするんだよね。ファミコン時代に至ってはただの作業や苦行でも
有難がってた感じで、特にRPGとSLG。
SLGで例えるなら、光栄の歴シミュだったらコマンドの多さ取れる行動(命令)の多さ、
大戦略ならユニットデータの豊富さ、ステージの多さ。こういったものが
価値の中枢に据えられていたとおもうんよね。盛れば有難がるまさにこれ。
RPGに至っては、レベル上げの苦行ですら有難がられた、
レベル上げ楽しいからRPG好きなんて人も周りに溢れてたほどだ。
更にシステム面で盛られて、乗り物が増えたり、世界マップ増えたり、
モンスターが仲間に加わったり、ミニゲームや調合要素が加わったり、
ムービーがふんだんに盛り込んだりとそらもう青天井。
2000年代に入って衰退するSLGと反してRPGは青天井。
ちょっと時代を戻して、自分の中の過度期が90年代半ばなんだけど、
この時自分の中で決定的な2つのゲームを遊ぶことになるんよ。
ロマンシングサガ と ルナティツクドーン2 な。
言ってみればコンシューマー代表とPC代表って位置づけなんだけど、
ロマンシングサガの当時自分の感想は、
「フリーシナリオを売りにしてるわりに行ける所が増えるのに段階があるし
大まかにわけて冥府行くか巨人の里行くかの大分岐だけじゃんか」
とシナリオ部分ではボロクソ言っていたが、武器の選択肢や技のひらめき、
シンボルエンカウントなど盛られた細かなアイディアは大変心地よかった。
次にルナティクドーン2だ。発売日はロマサガと2年ぐらい差があるが、
感覚としては近い時期だ。
ルナティックドーンはそれこそ自由さを売りにしていた。
依頼者の仕事を請け負って名声を得て王様にもなれれば、
悪事を繰り返して国を追われたって良い。仲間を殺して死体放置だってできる。
しかし。
圧倒的な作業感。 聞くと面白い要素なはずなのに やるとそこまで面白くない。
戦闘が淡々とし過ぎてるし、定型文丸出しの会話で達成感は薄い。ダンジョンは無駄にでかい。

この時を振り返るごとに思うのは、盛っても手が行き届いてないものは
面白くないんだな、と。 めんどうくさいだけなんだな、と。
ボドゲも同じで、めんどうなだけなら入れなくていいルールってあると思うんだよね。




昨日は地元のお祭り・天王祭でしたー。
以下写真




すっごいたくさん人がいた。 しらす利権万歳 ご当地アニメ万歳

というか天王祭ってご当地アニメで扱われたことある?



■お菓子コーナー



・カラムーチョ 特製ホットチリ味
セブン限定?
あんまり辛くなかった、ざんねん。





[PR]
by souka_t | 2016-07-11 08:15 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 【ゲーム】探偵神宮寺三郎・未完のルポ NT2016年8月号 FSS感想 >>