7/4 川崎多摩市ゲーム会で遊んだゲーム感想

植民地会行ってきました。

6月はボドゲる機会が無かったので一ヶ月半ぶりの対人。
こう暑い日は室内でゲームが至高です。

今回もいろいろ遊んできたので詳細をば






■ペンギンのゲーム(仮)

秋に予定してるうちの新作テスト。
2人・3人・4人でそれぞれ違うルールが設定されている短時間ゲーム。

最初に4人用のテストプレイ。
ルーレットをしながらポーカーをするゲーム。
自分で一部ルールを度忘れしてエラッタが、想定どおりの挙動なので良し。
1つだけ達成が難しい役があったのでそれを1発勝ちにするかどうか案を検討。

会の最後に3人用2人用をテストプレイ。
3人用はドラフト。極めて安定。極めて軽く、極めて短時間。良し
2人用は2アクションで2ライフを削り合うデュエルポーカー。
対人でやると結構長考がちだった。
それでも15分コースだから、2人用ってそれぐらい真剣勝負仕様でも
いいかなとも思いつつ、いやいやもっとスリムにそぎ落とすかという
方向性の迷いがある。 ゲーム全体のコンセプトから後者かな。

とても参考になりました、付き合っていただいた方々ありがとうございましたー。






■ローマの力

千夜さんの秋予定の新作。(東京ボードゲームコレクションでも出る?)
プエルトリコ・サンファン・レースフオーザギャラクシーで御馴染みの
ヴァリアブルフェーズシステムを取り入れた蛮族追討資源算出ゲーム。
まず、蛮族を蹴散らして奴隷として手元に来て教育しなおして市民に
なるという過程がかなりローマ。



ゲームではこのように個人ボードを持つ。
右側に書かれた内容がその地域担当の専用アクション。
基本は都市から算出した資源をこのアクションでこねくり回して
得点源となる物資に換えて行く。
それらが効率よく動いて行くかどうかは、ヴァリアヴルフェーズの
駆け引き次第となる。
得点源も多義に渡り、何を主軸にして勝ちに行くか悩ましい。
テーマもシステムも相当ハマってたので秋の話題作になると思う。
ローマ大好きでしょみんな!




■ウサギのゲーム(仮)

拙作のテスト。
前回のテストでほぼ仕様が決定したので、今回は実物テスト。
以心伝心と譲り合いの精神が試される2人用協力ゲーム。
初回あと1点というところでゲームオーバーだったので、
良いバランスにはなった。高い難易度モードを用意するかどうか
ちょっと思案中。 たぶんゲムマ秋に出ます!






■ポーションエクスプロージョン

今年の海外ゲーム話題作。
コンポーネントの綺麗さがダントツにプレイ欲をそそる。




この箱、レーンがナナメに傾いているため、
ビー球を上に入れるとどんどん下に落ちてくる。
このカラフルビー玉が落ちて列を成すところがミソ、
ぷよぷよばりの連鎖ギミックとなってゲームを盛り上げる。



手番ではひたすらビー玉を抜き取って手元のフラスコ
の穴に置いて行く。 全部穴が埋まればフラスコが得点化。
このあたりの核となるルールはひじょーーーーにシンプルであり、
初心者さんでもとっつきが良いことだろう。

根っこがシンプルな反面、特殊効果を使うタイミングが非常に悩ましい。
勝ちを目指すとなるとゲーマー色の強いゲームに感じるだろう。

あと終了トリガーもなかなか良い塩梅に設定されているため
ほどよい長さで遊べた。 良作。

人数分の特殊能力サマリーがあると一気にプレイアビリティ上がりそう。






■砂漠を越えて

藤沢ホビーオフで鎮座していたのを救済してきた一品。
クニチア先生の囲碁です。
ひたすらラクダ2個をキャラバンに繋げて行くだけ、
やることは超カンタンながら、クニチア先生大好きな
こじらせた得点設定のため、ゲーム中ずっと悩ましい。

上の写真が今回の初期配置。
面々がゲーマー肌なためか、初期配置の重要さに気づき、
いきなり悩ましい配置回し。



序盤戦。
ヤシの木連絡で点数を稼ぎつつ、
囲い地を作るためにキャラバン拡張。
青が既に全員ノーマークだった右下の地域を押さえ込んだ。



終局図

緑が左上の地域を押さえ切る前に
赤によるピンクラクダを枯らす作戦でゲームセット。
感覚的に最長キャラバンボーナスを緑と赤で取り合う形となり
ふたを開けてみると堅実にポイントゲットに走った青が勝利。

ひじょーーーに面白い。またやりたい。




■イムホテップ

これまた話題沸騰中の海外ゲーム。
大きめなキューブと積み荷船のコンポーネントが特徴的。
そしてみんな大好きエジプトテーマ。




ゲームの基本は
ストックから物資確保、物資を船に積む、船を出向する
のうち1つを選ぶだけ。
1つだけっていうのがミソで、どのタイミングで物資を補給して
船を出すかが悩ましい。
船の行く先がさまざまなルールが設定されている得点源と
なっているのだが、これも即時点数になったりゲーム終了時に点数に
なったりするので、短期戦略と長期戦略いずれを取るか悩ましい。
更にそれが思い通りのタイミングでコントロールできるかどうかも
相手の思惑次第ということで、マルチ感もなかなかのもの。
非常に面白かった。

それにしても、エジプトテーマ・即時&終了時得点源・キューブが積まれて行く
という点から、ラーダイスを彷彿とさせられるのは自分だけか。








今回はるばる福岡から参戦した大さんからお土産いただきましたー。
まぢあざっす!!
また機会がありましたら、ぜひ遊びましょう!!







[PR]
by souka_t | 2016-07-04 18:12 | ボードゲーム | Comments(2)
Commented by cpot at 2016-07-08 00:35 x
ゲムマは関西しか行けないので、関西のイエサブに委託してくださるとありがたいです!

ウサギの黄金時代買いました♪可愛いですね☆

ウサギのゲーム新作が楽しみです!
絵を眺めるだけでも和みます☆
Commented by souka_t at 2016-07-08 08:51
POTさんきたーーーー!!!

ウサギの黄金時代お買い上げありがとうございます!!
次回のウサギゲーも渾身のドットなので楽しみにしててくださいっ
イエサブなんば店にもちょこっと委託すると思いますっ!
まぢありがとうございますっ!!
<< NT2016年8月号 FSS感想 2016年 月曜更新第27回 >>