グラム氏による第17回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想
グラム氏による第17回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの一言感想です。




■ステレオマン♯
葵屋/7ineさんの、GM2016春の廉価版。手札が強いと思ったらノック(パス)して勝負に出るあたり、ギャンブルの雰囲気あり。持ち点を設定して、賭け金を吊り上げていくルールでもよさそうでした。






■大根のメタファー
こっち屋さんの、2016新作。前回希望が出たので、今日のためにカットして準備したもの。テーマはともかく、プレイ感はシンプルなアクションゲームでした。






■日本の城
2012年頃のロシアのゲーム。難易度最高峰の積み上げアクション。トランプタワーとどちらが簡単かと積んでみたり。






■新作テスト
ショーナンロケッティアズ、開発中の最新作。システムが不完全で、まだゲームになっていない状態のようです。





■Noah's Order
ManifestDestinyさん、2012秋作品。ノアが動物を方舟に入れていくので、担当の動物を入れさせようとするゲーム。選択肢が多くとっつきにくいところはありますが、操作自体は簡単。





■時代劇3600秒
King'sCourtさんの、伝説の同人ゲーム。今回は敗北が多い展開。「水戸水戸エレキテル」→出演者全滅、「暴れん坊の黒船」→「暴れん坊の軍団来航」、「新座頭市名裁き」→「剣客商売」。





■レディースオークション
ショーナンロケッティアズ、2014春作品。高額アイテムを落札する3人用競りゲー。完成度が高く、見本のようなデザイン、という評。




プレイ評/グラム





[PR]
by souka_t | 2016-06-14 05:28 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 煙血鋼撃 制作その5 2016年 月曜更新第24回 >>