NT2016年5月号 FSS感想

月刊FSS5月号の感想。

扉はGTMの脚部接地圧の解説。
ピンヒールの多いナガノメカにかなりそれらしい理由付けが
図解入りで記されてる。 こういう事細かな設定や
デザインの意図がたまらない。 今回は読み物として面白かった。






前回の来訪はやっぱりツバンツヒ。
この後彼女がどうなるのか知ってる読み手側からすると
アマテラスであるソープとどういう接触を果たすか気になってましたが、
そのあたりは結構フツー。 ソープが伝説のGTMスライダーであることは
さすがに知ってても、アマテラスであることは知らず。
こりゃああとあとぶっとび展開ですわ。 楽しみ。




ツバンツヒの賃金を上手く値切るナルミ支隊長。
戦場における臨時雇い入れ騎士の報酬に関する
小ネタがなかなか良い。こういう最前線の小話集が
まさにツラック隊というエピソードなんだなあといった感じ。
やっぱりおもしろい。




ツバンツヒのファティマ・オーハイネも偽名で登場。
ファティマの系列からパートナーの騎士の素性を
探るところがFSS展開。
それにしてもオーハイネの正面画うつくしい




そして、まさかの10年越しの伏線回収。
ラキシス不機嫌を解消したひみつの言葉、ついに公開。
これまた結構フツーなんだけど、そーいうもんなんです!ってところが
またFSSらしい。




ツバンツヒ出撃。
相手は自分が設計したエンジンを積むGTM数機。
勝手知ったるなんたらか、はたまたソープがチューンしたバーガハリの
異常な性能か、とにかく暴れる。
ここ数回はバーガハリのヘッドがよく描かれるけど、
どれもがっこいい。今回はツバンツヒのパーソナルマーク入り。





MH時代は活躍が描かれることはほとんどなかった
ラウンドバインダー改めアイドラフライヤーが活躍!!
防具じゃなくて叩く道具なのかよ!!




今回も謎の人物で締めくくり。
話の脈からすると、ワンダンハレーあたりだが、
可能性としてリハビリ中のマエッセンもありうる。
果たして誰か 次号も楽しみ。

対岸でミラージュ騎士が展開してるという話も出たから、
そろそろアイシャと暴風三姉妹関連の話が出るのかな~。
結構丁寧に話の流れが描かれてるから、
ツラック隊今年中続く可能性もありそう。
どんどんオールスター大所帯になるんだろうね。




[PR]
by souka_t | 2016-04-09 21:58 | 描きつくれば漫画系 | Comments(2)
Commented by ももじー at 2016-05-08 00:05 x
イアン・ケーニヒじゃなくてマエッセンじゃね?
Commented at 2016-05-08 06:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< グラム氏による4/9MDテス... 2016年 月曜更新第14回 >>