ダンガンロンパ クリア感想

ダンガンロンパクリアしました。

久々にテキストアドベンチャーを堪能した。
いやはや造りがとにかく親切になったもんだよね~、
ゲームシステム面での感想は「親切」に尽きます。
テキストアドベンチャーでありながら、
うまいこと「自分で操作する」ことの楽しさを前面に
押し出した快作でした。

なんで議論でシューティングやらなあかんねん!!
なんで調べるところ全部○つくのにいちいちカーソル合わせなあかんねん!
なんで次ぎ行くところ分かる仕様なのにいちいち移動せなあかんねん!
と思わせない程度に操作させて、適度に「なんかやった感」を
プレーヤーに与えてるところが見事過ぎる。
一歩間違えればめんどくさいところを絶妙なサジ加減でまとめた
ところがこのゲームの快作たる所以。 爽快に遊べるの快。
いろいろテキストアドベンチャーをやってきたけど、
システム面での斬新さは歴代トップレベルでした。


予想・後の祭り

さてさて、
予想は大幅にハズレでしたー。
いや~ 黒幕途中のスリーサイズから分かったけど、
そんな動機読めるかよー。
黒幕の行動で一番不可解なのが、
最初に自分を偽装させてゲーム上から消しておいて
完全に勝ちパターンを作っておきながらの、
アホみたいにベラベラとヒントやら種明かしやらを
しゃべっては正当に導く一貫性の無さよ。
そんだけ一貫性なければワケなく同じ絶望陣営の仲間を殺すわな。
一貫性の無いキャラは大嫌いだわ。こういう黒幕は俺は大嫌いだ。
その一貫性の無さを絶望という言葉にごまかそうとする
ブック書きの浅ましさも俺は大嫌いだ。 
人類史上最悪うんたらも結局どういうことが起きたのか分からず、
発端部分が総じてファンタジーなのも気に食わん、
SFですらない、こんなもんファンタジーだ。
本格ミステリー派の純血のA型人間な俺はこんなものは認めない。

しかーし、別に本格ミステリってわけじゃあないんだよな。
そこよ、そのあたりのエンタメサジ加減はなかなか良かったとおもう。
エンドもその後はご想像に任せる的なしめくくりも悪くない。
最後のひたすら希望ほ拾ってぶつけるだけのお仕事も
青臭くてたまらないぐらいイイ。テーマはよくよく一貫してた。


でも、俺のモノクマフラワー犯人説の方が本格ミステリっぽいよね? ねえ?
あとなんなんだよー超高校級のスイマーってよおおお
俺の予想してたエンディングの方が綺麗にその能力も活かせるだろう。
終始ドーナッツ食ってただけだろうあの女。 外の世界でもドーナッツ食う気だったぞ、
泳げよバカ 泳げよ!!! 
黒幕だってそーよ、シルエット見ろよ!! シルエットだけ見れば
葉隠君が一番ケレンミ溢れるシルエットで豹変したら一番怖そうなディティール
してんだろー。 ただのバカキャラじゃねえかああああいつはよおおお!!!
俺の人一倍膨らんだ葉隠への期待を返して欲しい。
スパイクは俺に一千億万円賠償すべき。

くそおもしろかったので2やります たぶん





[PR]
by souka_t | 2016-04-04 23:18 | そこはかとなくゲーム系 | Comments(0)
<< 2016年 月曜更新第14回 グラム氏による第15回埼玉ゲー... >>