2016年 月曜更新第10回

月曜更新です。


ゲームマーケット2016春・ショーナンロケッティアズ新作
武当掌門のウェブサイトを公開しました。


製造もあともーちょいってところまできました。
予約は三月中には開始予定でっす。
もう1つの新作のウェブサイトも準備中で、
今週中には公開します!がんばりやす!!




■エクスリワードの話

先週、拙作エクスリワードの制作記事へ毎日アクセスがありました。
読んでくれてホントありがとうございますありがとうございますっ!

エクスリワードは当時自身のもてる物全てを費やした最高傑作であり、
あの中に自分が全部入ってるってぐらい全身全霊全力で取り組みました。
前身であるOMシリーズを制作する時は、手探りと膨大な作業に何度も
心折れかけて、時には管を巻き、時にはジタバタし、時には不貞寝を
しましたが、末期の琥珀色の動乱とエクスリワードに関しては、
寝食も忘れるほど没頭しとりました。物事を繰り返すと次第に辛いことにも
愉しさを見出し、極限に至っては快楽に達する。まさにそういった
境地での制作であり、奇跡的に生み出された一作といっても良いでしょう。
SRPGをまたやることになったとして、あの規模でまた作れるかと言われると
ちょっとわかんないぐらい。でもやりたいかと言われればやりたい。
もちろん一人でシナリオ・グラフィック・調整・効果音あたりはやりたい。
無限に時間があればなあ~。 無限に衰えぬ体力があればなあ~、と
思わざるをえない昨今であります。
後日談的小話を書かせてもらうと、エール傭兵団は
製作者自らの願望を投影したものです。
なんとなく勢いで傭兵家業をはじめちゃうけど最後までやり通すデュベル、
気兼ねなく接する幼馴染であり志の高い仲間リンデマン、
お調子者でムードメーカーだけどやる事はやるバヴィーク、
そして、常に傍らにいて何でも手伝うしっかりものの恋人のような妹シメイ。
傭兵家業=インディーズゲーム活動と置き換えて、
このような面々で活動できたら、そらもう最高でしょう。
当時今ほどPCインディーズが盛り上がってなくて、軽い閉塞感すら感じていた
頃でした。だからこそああいったものが書けて描けたのだと思います。
今更ながら、自分の創作キャラながら、デュベルのようにありてえなあと思う
日々であります。 で、実際どうかといえば、やってることはスプーキンの方が
近い感じで、今見ると、自分の中の自信家部分を全部投入して
スプーキンを造り上げてたなって分かって、我ながらニヤニヤしちゃいます。
なにはともあれプレイしていただいた方々 ありがとうございます。





さー 今日は作業は休止、いっぱい時間かけてお菓子作りするゾ!
いっぱい食べてくれるかナ。





[PR]
by souka_t | 2016-03-07 09:57 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 武当掌門制作その2 2/28 川崎多摩市ゲーム会で... >>