ロロステ会

「ショップさんのプレイスペースでゲーム会をやってみよう」
から端を発し、ロールアンドロールステーションさんで
一日スペースを借り切り、
「タカダ博士とあそびたーい」
と言うあらかた先生が主催をする運びとなり、
「付き合いの長い友達を呼んでみましょう」
との号令により、がんばって召集してみました。
ここ最近最もとことん身内な会。

参戦者紹介

・あらかた
 今回の主催、ネズミの国から跡部王国を広めに来たでぶちんキャラ大好きなゲラ。
 好きな男性声優は諏訪部順一
・ショーナン
 三度の飯にデスソース、お菓子作りといえど大さじ一杯以上砂糖は入れない
 こだわりを持つ辛党。 好きな男性声優は矢尾一樹
・おとうふ
 今回の紅一点、プレステ4所持者との前評判によりゲームガチ勢として注目される。
 推しUBIはアサシンクリード。好きな男性声優は大塚明夫
・G-CHILD
 えっちな気持ちで作ったえっちなゲームをえっちな島でえっちな顔して売ってる
 えっちな人。そのえっちさは正体隠匿しきれない。好きな男性声優は大塚芳忠
・あ~る
 スプラトゥーン・マリオメーカーと流行りに乗れる俺カッコイイとでも思ってそうなゲキチ。
 スマホは日々食べ歩くスイーツ写真で一杯。好きな男性声優は玄田哲章
・だんご
 ガンプラRGシリーズを「もはや手を入れて楽しむ所がないお人形」と散々パラ叩きま
 くる老害モデラー。現在造形イベントへの進出を画策中。好きな男性声優は中尾隆盛
・タカダ博士
 今回のVIP枠。名刺1つで数々のボドゲデザイナーを殺害してきたキラードクター。
 アバンギャルドに成長する息子さんは着衣風呂を披露!! CV:銀河万丈



以下、当日やったゲーム感想とかをぽつぽつと



■それはオレの魚だ!

だんごさんの持ち込み。
当日暴風雨に見舞われ交通機関が荒れたため、少人数からスタート。
わりと定番な、ペンギンが地面を削り取って相手をハメ殺すゲームです。
今回も良い感じにハメ殺されていきます。
ゲーム中盤から後半にかけて各々のテリトリーが確定していく様が
面白く、次第に地面が狭くなっていく収束感がドイツゲーっぽさ満点。

牧歌的にハメ殺し合ってロロステゲーム会スタートと相成りました!!





■おばけキャッチ

あらかたさんの持ち込み。
カードに描かれたものと形状・色がドンピシャなモノか、
カードに描かれたものとまったく要素が一致しないモノを
誰よりも早く取るゲーム。
これまたボドゲ界きっての定番アクションゲーム!




ルールは至ってシンプルながら、
一致不一致を判断するのに即判力と取るための反射神経を要するため
結構むずかしいが、ひたすら無心に取り合う様はかなり痛快。楽しい。
ドタバタ感というか本当にドタバタするのは端から見て
だいぶ楽しさが伝わるのもポイントだと思う。

なんとなくオバケが取れないと悔しいー。




■本日のスイーツ



手作り豆腐ドーナッツ。 からあげではない



抹茶チョコ。





箱チョコ






■ぞゆ

タカダ博士到着と共に傑作人狼系ゲーム・ぞゆをプレイ。
7人ぞゆはなかなかのカオス。
「いきてる?」 「シンデル」 のやりとりがシュールで場が沸く。
フタを開けてみると、確かに死んでるゾンビから、
生物ですらないお茶やゾックやらと物凄い面々でぞゆ探しをしていた!!





■ガンプラで戦うゲーム(仮)

タカダ博士の試作。
ガンプラに攻撃ポーズをキメさせて、ダイスロールでダメージの
やりとりをするゲーム。 
とにかく忙しくガンプラをポージングさせるため、
ブンドドに慣れていないと焦って判定可能な自立をさせることができないが、
ひたすらブンドドをする感じで童心に還れるのが良い。
ジャッジ役が結構独特でミニチュアウォーゲームやTRPGのノリに近い。






■レジスタンス・アヴァロン

前半のラストは全体ゲーム。
おとうふさん持ち込みの正体隠匿ゲームで人気のレジスタンスアヴァロン。

任務遂行ゲームのレジスタンスにアーサー王伝説テーマの
役職要素が加味された、これまた界隈で人気なゲーム。




続け様2戦プレイ。
1戦目は悪の陣営(特にタカダ博士)がおおいに口三味線で全体を揺さぶるも、
善陣営の冷静な判断で切り抜け善陣営勝利。
2戦目は二手目で失敗2票が入るザワつき過ぎる展開。
そのまま悪陣営が押し切る。

やはり人数揃うと楽しい。
脱落無し、目に見える手掛かり有り、時間短めときて、
これほど初心者向けの正体隠匿はなかなか無いです。
それでいて吊りどころ満載なので、騙り屋も充分楽しめる内容。






■ローレルクラウン

タカダ博士の持ち込み。
カナイセイジ作品で、競りとダイスロールバトルの二部構成で展開するゲーム。




今回はタカダ博士実況によるゲーム進行で大変楽しく遊ばしていただきました。
キャラクターカードそれぞれにストーリー背景があり、
それらをアナウンスしながらの競りと、その後の戦いは大変盛り上がり、
最後の最後で自分が大逆転させていただきましたっ!!
ラスト20点はでかいなー







■キャッシュアンドガンズ

ショーナン持ち込み。
超久々のガンズ御登板。 銀行強盗を決行したギャング達が
分け前を巡って銃口を向け合い脅しつけるゲーム。
今回は通常ルールと潜入捜査官ルールの2ゲーム実行。




1戦目。 半数以上が今回初挑戦であったため、全員が慎重。
脱落者を出すこと無く終了。僅差の分け前を競う。




2戦目は潜入捜査官ルール。
G-CHILDの凶弾が早々に命中しただんご。
幸か不幸かそのおかげで潜入捜査官の疑いから抜け、
それを皮ギリに捜査官をじわじわと炙り出す展開に。
5ラウンド目で潜入捜査官側の勝利フラグ・電話3回を成功させ、
事態は更に加速。 疑いはタカダ博士とあ~るさんに集中し、
博士無残にも処刑される。
もしかしたらまだ捜査官が生きているのではというわずかな不安を
残しつつラスト8ラウンドを終え終了。
捜査官は始末されていた。 そして、このザワつくデスゲームの勝利者は、
サツバツとした捜査官探しから一歩退いて黙々と財を成した あらかた先生でした!


個人的にこの潜入捜査官ルールが正体隠匿ゲームの中で一番好きかも。





■AM版トルパドゥール

タカダ博士の試作。 拙作トルパドゥールをベースに
アッセンブルマーセナリーズ調の人物やイベントに様変わりし、
更に主人公システムを投入し爆誕。
今回は何度か基本のお話作りと、お話+主人公介入を2~3回お試し。

なるほど、かなり男の子チックな話を作り易くなった。
ジャーナリストみんな活躍させ過ぎわろた。
市民団体とか将軍とかで、どんどんキナ臭い話ができていくところに
AM仕様のポテンシャルを感じる。
AMシナリオエディターとも言える!!



■GTR

タカダ博士の傑作、3機の戦闘機が意思疎通を通して各バリエーションに合体し
迫り来る敵を迎撃したり街の被害を最小限に食い止めるゲーム。

迫り来る危機からどんな戦闘能力が必要か把握して、
3人の意思を合わせるのは結構難しく、
意外と合体がままならないところが、妙に合体シミュレーターとしての
リアリティをかもし出していて面白い。






■ワンナイト人狼

あらかたさん持ち込み。
短時間正体隠匿ゲームでは定番中の定番。登場当時は人狼なのにこんなに短くていいのか!?
というぐらい衝撃だったワンナイト。
終盤突入の休憩を挟んで、残った面々で数回プレイ。

やはり手軽さと進行の容易さが良い。
進行役不要の人狼系とか前述したレジスタンスをはじめて多く登場してる昨今ですが、
その中でもしっかり人狼色を残してこれだけ短くまとまってるところがやっぱ凄い。
こざっぱりしたタイル調のコンポーネントもいいんだよねえ。





■武当掌門

ショーナン作・ゲムマ春出展予定の新作。
いよいよ完成バージョンをお目見えで最終テスト。
初めてプレイする3名でプレイ。
特にエラーも無くゲームが回り、想定した僅差で得点争いや密書所持者の調整行動が
行われていたので、考えて作ったものにはほぼほぼなった。
ゲーマーには ワーカープレイス+ババ抜き+隠匿 という複合システム、
武侠ファンには金庸フリーク色をお楽しみいただけるとこれ幸い。
もうすぐ量産開始予定。
作るの大変で25部しか作らないから絶対欲しい人は予約推奨だ!!




■ペンギンパーティー

あらかたさんの持ち込み。
なんでペンギンがピラミッド作るんだよ!! それペンギン関係あるのかよっ!!!
で御馴染み、ライナークニッツィアの狂気を垣間見るシンプルゲーム。
絵柄が刷新された新版です。

同じ色なら上に置けるという単純明快なルールながら、
慣れてくると自分が持ってない色を執拗に潰しに掛かる黒いゲームに化ける
ところがステキ。トークンを使ったロングゲームで点を競うもよし
1~2ラウンドのショートで競うもよし、手早く遊べるところが良いです。





■シークレットムーン

おとうふさんの持ち込みのラストゲーム。
姫と旅人の闇夜に行われる逢引を悪い大臣が邪魔する正体隠匿ゲーム。
闇夜なだけに静かで、ゲーム中会話禁止という設定に合わせたルールが
なんとも良い雰囲気をかもしだす。




2戦決行。
1戦目でふんわりながら概要を掴み、
2戦目でなんとなく動いていたら自陣営おとうふさんの正体当てで大臣チーム勝利。

このゲームの良いところは、雲を掴むような隠匿ではなく、
1手1手で共有情報の手掛かりを増やせるので
よほどカン打ちで指名当てでもしない限り何してもチームに貢献できて
だんだんと霧が晴れていくところだろう。
隠匿系のよくあることで、よくわからないうちにゲームが終わる
というものがあるが、これは目に見えて事態が収束して行く様が場に現れるのが良い。
面白かった。

それにしても今回は隠匿ゲームをたくさんやった気がする。
どれも大変楽しかった。みなさんおつかれさまでしたー。



そんなわけでロロステ会でしたー。
休日11:00~20:00の9時間1卓3000円は
結構良かったです。 コンビニも近いので飲み物や軽食の補充も
容易で、駅からそんなに離れていないのでアクセスもよし。
秋葉でゲーム会するにはうってつけでした。



次はまたどっかゲームカフェいきたいな~ン。
大船会の方の要望があれば少人数でもやりますんで一報ください。





[PR]
by souka_t | 2016-02-17 16:34 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2016年 月曜更新第08回 【プラモ】HG・Gエグゼス >>