戦闘ゲーム(仮)制作 その1

ここ数ヶ月、ずーっと手掛けてました。
「ミリタリックな戦闘ゲーム」名前はまだ未定です。

本作のテーマは、
壮絶な核戦争後、強大な三国が生き残り、
地球人類最後の覇権を賭けた戦争を継続している世界。

核戦争時に猛威を振るった無人兵器や航空兵力は強力な
通信妨害技術により廃れ、領地を汚染せず手に入れるべく、
地を這う鉄塊とそれを支援する歩兵団による戦闘が
主流となった。

時に西暦2108年。
慈悲なき大地の大君主達の戦争から16年後、
恐るべき改造種のウサギ達が目覚める6年前。
まだ人類が人類同士で争う最後の時代である。


本作は鉄の塊である巨大車両と
それを四方から支援する歩兵部隊で構成された
軍隊同士が遭遇戦を展開するゲームである。




テスト版の写真がこちら。
度々小出しにしてました。 ツイッターの方で第一試作を公開した時は
大変反響があり、あれからいろいろといぢくり回して煮込みました。

本作は巨大車両に2脚や4脚や浮遊などがあるロボゲーであるものの、
その主役たる戦場の華は「歩兵部隊」。
6種の兵科が敵の一団を撃退するためにその能力を駆使して
争うミリタリー対戦ゲームとなっています。







今月のほとんどを費やして描いたアートワークも
だいたい予定分は揃いました。
写真をご覧いただければ分かるとおり、大変鉄臭い漢のゲーム然とした
仕上がりとなっています。 アートワークの詳細は今後ちょっとづつ
製作記事で語っていく予定です。 ご期待ください。





本作の特色である 四方の随伴兵フォーメーション。
これ見てピンと来た方、そのとーりです。
コナミで一番面白いあのゲームから着想しました。
あれが好きな人はドストライクなゲーム内容となっています。
そのシステム面についても次回以降に解説をしていきます!!


さて、現在大部分が完成してきたのですが、
肝心なタイトル名がまだ決まりません。
「鋼撃」という単語だけ使いたいと思っているのですが、
「○○の鋼撃」的な感じでなんかいい具合に
ズッシリしてて渋くて男の子のハートを掴むようなのないもんかな。
カタログカット締め切りまでには決めたい。


制作 その2につづく。

次回「システム解説」





[PR]
by souka_t | 2016-02-12 13:26 | 同人ゲーム制作 | Comments(0)
<< 初恋温泉 NT2016年3月号 FSS感想 >>