12月28・29日突発ゲーム合宿

年末怒涛の突発イベントラッシュ。
28・29日はロッカクだんごのだんごさんが来訪し、
とりあえずやりてぇことは全部やり納めしよう会を決行しました。

来訪早々に手をつなぎ近くのスーパーで今晩のお買い物。
家に戻りボードゲームから開始。



■みーと・きゃっち!

今年終盤また思い返したようによく回してるをしだやさんの
傑作バッティングゲーム。

一番高い肉に4か1、二番目に高い肉へ全力5、
といういつもの基本方針で攻めたら大勝。
だんご氏欲望に素直すぎる!!

よく兵法の例えにある
大軍に小軍を 中軍に大軍 小軍に中軍
をそれぞれ当て3つの戦いのうち2つを勝ちを取る
というお決まり戦術が見事に決まる。

多人数だと2のカードを一番高い肉に仕込む楽しみが生まれ
更に楽しい。やはり傑作。




■バンケット

二人で遊ぶ時はとりあえずバンケット、というぐらい今年もよく回りました。
今年の最後もラスバンでガチバン。
前半戦はだんご氏ひつじコンボの構えに対しこちらはゾウ攻めの構え。
後半はだんご氏のオオカミがこちらのネズミを捕食し、
こちらのネコがひつじを捕らえ、最後にだんご氏のきつねにより
ゾウ列が乱されこちらの前半得点が0という一気にガタガタな状態へ。
後半の荒らし合戦で一枚上手な駆け引きを見せだんご氏勝利。
2015年度ハイバンケッターの称号はだんご氏の頭上に!
16年度の挑戦者お待ちしております!!





■バトルコンソール

そしてロボる。
これまた今年あちらこちらでプレイした記憶があるうちの定番。
今回はスピード機vs近接機体で装備はお互い
中距離ライフル&オールレンジ攻撃のセット。
ひたすらオールレンジ攻撃で削りを試みるだんご氏に対し、
執拗な接近戦への持込みで大ダメージを与え撃破。
なかなかアツイ戦闘を演出した。





■オキヤ

まだまだ重ゲをするには早過ぎる。もっとエンジンをかけるまで
小粋なゲームを、ということで、これまたうちのド定番のオキヤ。
だいぶ使い込んで良い具合にコンポーネントもくたびれてきた。
こうやってモノとして年季を経て行くのもアナログゲームの魅力だと
わたしは思う。
今回の大一番はなんと全部置ききって終了。 なかなかめずらしい展開。





■ミリタリックな戦闘ゲーム(現在名称未定)

ここで試作の投入。現在制作中の二人用ゲーム。
ベースルールはうちのゲームらしく30分内に終わりそうな仕様にはなってきた。
あとはカードの効果の組み合せが要研究ということと、
テーマをミリタリにするかウサギのっけちゃうかペンギンにするかで迷い中。
ペンギン機甲師団 とかめっさキャッチーなタイトル案もでるも、
マニヤックに攻めた無機質なミリタリも捨て難い。





■ラーメン鍋

鍋は麺で締めるとはよく言いますが、
元より麺を主においた鍋というのも乙なもので、
昨今は永谷園からラーメン鍋専用のパッケージが出とるほどです。
買い物中は、あれもこれも入れようぜとやんちゃなショーナンと、
いやいやそんな二人で全部食えません抑えていきましょうのだんご。
二人の意見を足して二で割ったのが良かったのか、ちょうど良い按配に
二人分のラーメン鍋を堪能し綺麗に鍋を平らげました。
時に、乾麺と生麺、どちらが良しかは意見の別れるところではありますが、
今回両方をためした結果、圧倒的に乾麺かな、と。
小分けで売ってる生麺って煮込むとぐにょりとしてきて、
スープが胃にモタれる濃度になるんですよね。
これ生麺に付着してる薬味かと思ったのですが、
後日実験で、生麺を念入りに水洗いした後に煮込んで見ましたが、
それでもやっぱりグニョリスープとなってしまいます。
生麺は湯でて水切り必須で、元より鍋には向かないのではという結論です。

かと言って乾麺って小分けで売ってないのよね。
それらをパッケージングする永谷園いいとこに目をつけたなー。




■チグリスユーフラテス

「これもう二度とインストしたくない」とわたしに言わしめた重量級戦略ゲーム
なんですが、なんどもインストを重ねると連度が上がるのか
今回はなかなか流暢にインストできた気がします。
回数こなせば慣れるもんだあね。

一戦目はだんご氏チュートリアルでいろいろとゲームのお約束を
体感し途中で協議終了。 再ゲームする運びとなる。






2ゲーム目。 だんご氏脅威の引き篭もり作戦を開始。
これが笑ってしまうぐらいよくできてて、じわじわと3色の点を確保。
後にそれが大きく響いてくる。

「篭る ひたすら世間と関係を絶ち篭るぞ!」



だんご引き篭もり要塞を
正面から攻めて潰す。

「NPO団体デース、ひきこもりの少年がいると聞いてやってきましたー」

「ひぇー くるなしー かえれしー」




壮絶な攻略戦を展開したものの、だんご引き篭もり作戦による
蓄積量と、中原における緑指導者の立ち回りの妙で
祭壇得点をうまくかすめたのもあり、チグユー独特の得点算出法により
だんご引き篭もり国の勝利。


すげえおもしろかった。 チグユー手元にずっとおいときたいボドゲや。

だんごいわく
「スマホアプリでやりたいゲームですね」


誰かと同じこと言ってる><



ここからプレステ2を主にテレビゲームの会を開始。

まずはおっぱいということで、デッドアライブ2。
レイファンの強烈な手数を見せショーナン勝利。

次に今回のガンダム枠でみなさんの熱いファンメでお馴染み
フルブーストの祖先様である連邦vsジオン。
ククルスドアン島やオデッサなどで再三に渡り戦うも決着付かず。引き分け。

そしてレース枠からはアウトモデリスタ。
トゥーンシェードを採用した見た目こそは凄いものの、レースゲームとしては
よくもわるくない平凡極まる一本。 鈴鹿サーキットを制しただんご勝利。

そろそろウメハラ級のスパブロテクをだんごさんに見せてもらおう
ということで、意外と出来が良いストEX3。 待ちガイルに徹したショーナン勝利。

スポーツ枠からはレッドカード。FIFAやウイイレより簡単操作で
やや大味でハデめなオモシロサッカーを堪能できる我が家の定番サッカーゲー。
延長戦にまでもつれ込むアツイ戦いを見せ、PK戦でだんご勝利。

音ゲー枠からはエンジェリックコンサート。
なんとなくフリープレイのスコア対決でで腕前を比べるよりゲーム自体を
すすめてみようとなる。これが悪かった。
ワンミスOR1面クリアで交代を繰り返し、深夜にまで及ぶ。
結局終わらなかったのだが、活躍の面で圧倒的打開数のだんご勝利。


このあたりでだいぶくたびれて、一休みにプラモでも組み立てようということに。






だんご氏は旧キットのGディフェンサー。
ショーナンはHGUCⅤガンダム。

本来集中力を要するプラモ作りはひたすら疲労するものだが、
プラモ暦が長いと、組み立て自体が座禅のようなもの。
手を動かしながら雑談に花咲かせる。
世俗を語り、幻想を語り、審議を展開し、互いの理解を深める。
そして並行しプラモデルは完成して行く。
これが男の子の宅会のありかたであろう。








だんご氏から 陸戦型ガンダムチームセットをいただく
あざっす まぢあざっす ちょうどこれ買おうか迷ってたところでした!!
今年中に作る。




■ヒストリア

「インストがメンドウそうだから寝かせてた」とズボラショーナンを鞭打つがごとく
だんご氏矢雨のような催促でヒストリアをリクエスト。

で、実際インストがめんどかったというか、アイコンに慣れるまでがややキッく、
実際回してみようという段ですらいくつか処理の確認。
諸所理解してやってみるとすこぶる面白い。 いや強烈に面白い。
カード回しの革命チキンレースやワールドマップでの駆け引き、
スキルツリーでの競争とそれぞれの絡み合いが
ヒストリカルなテーマの上で美しく融合してるのが最高にゾワゾワくる。




■パッチワーク

凄い勢いで今年終盤に我が家ベストに食い込んできた2人用ゲーム。
理解しやすいシンプルなルールながらラストの点数計算で
容赦なくマイナスに転落する場合が多々あるのが凶悪。
今回両者ともマイボードの空きがそれなりにありガッツリマイナスを食らう。
最後だけやっぱりえげつねえ~ おもしれえ





■テンプル騎士団

ゲムマで買ってきて独りで回して満足してた一品いよいよ対人。
カードプレイによるコマの操作と宝隠しでゲームが進行する。
ひたすら手持ちのお宝を各部屋に隠して、修道長にそれらを見つけさせて
得点していくことでいろいろと駆け引きが展開される。
ゲーム自体はすこぶる面白い。
テーマ的にテンプル騎士団というより、修道院ホームドラマ。
ゲームがコメディ的で黒味がないんだよなあ




そして再びテレビゲームでひとしきり遊んだ後、
ハイローレで昼ごはんして解散。

なんかもういろいろやった一日でした。 おつかれちゃん





[PR]
by souka_t | 2016-01-01 13:09 | ボードゲーム | Comments(0)
<< 2015年12月コミケ久々に行... グラム氏による第13回埼玉ゲー... >>