グラム氏による第13回埼玉ゲーム会で遊んだゲームの感想

■サバゲ場
Gregoryさんの2015秋新作。サバイバルゲームのカードゲーム。2人だと引き運が大きく感じたので、多人数でもやってみたいところ。





■キラークイーン
ManifestDestinyさんの2013春作品。7種の人格を操作して、複数の勝利条件のいずれかを目指す。カード効果を把握していないと難しいです。5,7と揃えたプレイヤーがキラークイーン勝利。





■UNO SPIN トラベラー
ルーレットのついたUNO、パーティーゲーム。ルーレットの大味な効果が追加され、でも内容はUNOです。





■トバゴ
Zochの宝探しボードゲーム。手掛かりを頼りに宝を探すロマンと、豪華なコンポーネントが魅力。途中で参加者が揃ったので、宝を1個みつけたところで中断。






■ワニに乗る?+拡張
HABAの積み上げアクションゲーム。拡張の動物を混ぜて、基本ルールで。ワニの目が多く、横に広がりました。





■Vorpals
I was Gameさんの名作ドラフトゲーム。初手宝石獣から建物と収入に注力した結果、戦争勝利点が振るわず。





■曖昧フェイバリットシングス
するめデイズさんの2015秋新作。それぞれの個人的ランキングの順位で勝負するトリックテイキング。1ラウンド目は「シャンパンゴールド」vs「アルハンブラ」vs「緑茶」vs「テント」vs「自分」など、2ラウンド目は「ゲンヨーサイ」vs「りんご」vs「119」vs「好きなタレントを呼んで誕生日パーティー」vs「戦うことが罪なら俺が背負ってやる」など。勝てなくてもエピソードを語れただけで満足。






■マジカルアスリート
グランペールのファンタジーすごろく。2版。キューピッド、商人、秘密結社員等が活躍。





■キングオブトーキョー
Ielloの怪獣バトルロイヤル。カモフラージュとブレスのメカドラゴン、海賊コスプレで頭の増えたジャック、精神操作とテレパスのパンダ、チアリーダーコスプレで草食のブギー、ロボットコスプレで雑食のクラーケン。適度にトーキョーに出て、固有能力で被ダメージを防いで勝利点を稼いだクラーケンが勝利。





■BRIGHTEN THE LIFE
YbY Gamesさんの、地球で生物を生き残らせるゲーム。カンブリア大爆発でクラーケンの天下になり、一度転生するも再度クラーケンまで進化して捕食勝ち。なんだか今日はクラーケンの日。





■ロックマン5
言わずと知れたCAPCOMのデジタルアクションゲーム。1992年発売の5。前々からやろうと言っていたので体験プレイ。ボスを倒すには至りませんでしたが、チャージマンやスターマンやクリスタルマンのボス部屋には到達してました。





プレイ評/グラム



[PR]
by souka_t | 2016-01-01 04:23 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 12月28・29日突発ゲーム合宿 グラム氏によるテレキネシスクリ... >>