グラム氏によるゲームマーケット2015秋のゲームの一言感想

グラム氏による、
さっそく遊んだ、ゲームマーケット2015秋のゲームの一言感想です。




■CinemaFrontier
ManifestDestinyさんの新作。アクシデントを乗り越えて映画を作る。それぞれ、四女優共演のミュージカルコメディ、ジョニー氏主演のチェイス映画、アーノルド氏主演のアクション映画が完成。





■HEAT UP LIVE!
ManifestDestinyさんの新作。ライブで客を盛り上げるソリティア。高得点を目指すと、難度はやや高め。今のところ2つ目の会場まではパーフェクトで盛り上げました。





■うどんエイリアン
7キューブさんが2014秋に出した、話題のソリティア。ようやく入手。難度はかなり高く、慣れないうちはすぐに香川がなくなってしまいます。





■ふくろうはサイコロを振らない
ぷくまにあさんの新作。ダイスをカードで回転させて、指定の目を目指す速解きパズル。パッケージを見て買ってしまった作品。





■アルケミダス
conceptionさんの新作。ダイスをカードで操作して、指定の目を目指す速解きパズル。コンポーネントを見て5分で予約した作品。ふくろうと比べて難度は低く準備の手間が多いですが、世界観表現と出題の多様性ではこちらが優れていると思います。





■落山水
まどりやさんの2015春の特典、2種カードゲーム。カードを落として枯山水を作るアクションゲーム。なんともゆるくて良いです。写真の枯山水の得点は5ぐらい。





■Scratch House
ManifestDestinyさんの新作。ウィンチェスター・ミステリー・ハウスを作るゲーム。ソリティアルールでプレイ、寝室を多く設置した正統派の高得点屋敷を作成。クリア条件は余裕で達成。





■横暴編集長
株式会社プロディジさんの、2015春の作品。面白い小説タイトルを作る。前回は映画タイトルを作る「知ったか映画研究家」を買ったので見送ったのを、今回は購入。本来は3人~ですが試しに2人で。
「死に至る日記」「変態王子と世界一周」「博士の愛した歌を聴け」「これは捨てる」「吾輩はイッパイアッテナ」「狂気の部活やめるってよ」「西部戦線雪風」「八十日間笑わない猫。」から、採用は「これは捨てる」。




プレイ評/グラム



[PR]
by souka_t | 2015-11-24 03:48 | ボードゲーム | Comments(0)
<< シュクリア100倍カツカレー大... ゲームマーケット2015秋であ... >>