グラム氏による10/11~12に遊んだゲームの感想
グラム氏によるサークルPubitsさんのお宅にお邪魔して遊んだゲームのプレイ評です。




■ウサギの黄金時代
ショーナンロケッティアズ、2015秋の新作。2人用対戦。製品版でプレイ。スリリングという触れ込み通り、勝利点6対5の僅差で決着。






■シネマフロンティア
ManifestDestinyさん、2015秋の新作。シーンやキャストを獲得して映画を撮影。アーノルド氏主演のハチャメチャホラーが、ゴールデンラズベリー賞にノミネート。終了時にできあがった映画を想像できるのが良いです。







■ワニに乗る?
HABA社の積み上げアクションゲーム。崩した場合でも引き取りは2個までで、HABAの子供向けらしいゆるいルール。積んでいる画像は植民地戦争+αでのプレイ写真です






■LastSevenDays
ManifestDestinyさんの1人用、ループADV。3人協力で。イージーモードを2ループ目でなんとかクリア。45点と高得点に届いたものの、キーカードがなくエンディングはノーマル。






■ペルガメムノン
それぞれが古代都市を担当して、他の都市を攻撃するかモンスターを雇うかして名声値を高めるデッキ構築。今回はローマ対ギリシャ。処理がややわかりにくいですが、理解できるとスムーズにプレイできます。






■知ったか映画研究家
でっちあげ評論ゲーム。「本能寺天下統一」かつての名作のスタッフが再集結して撮影、裏切らなかった明智光秀と織田信長が本能寺を拠点に天下統一を目指すイフ歴史物語。クライマックスの本能寺ロボのシーンは圧巻。







■ヘックメック
パッケージ画像はBGGから。簡単ダイスゲーム。今回は良い出目と悪い出目がはっきり分かれる展開。序盤差がついたのを追い上げて全員5点、タイルの数字での判定にまでもつれこみました。






プレイ評/グラム







[PR]
by souka_t | 2015-10-14 04:45 | 日々よしなし事系 | Comments(0)
<< 虎よ、虎よ! 感想 10/11 川崎多摩市ゲーム会... >>